« [No.167-1]らせん | トップページ | ホタル通信 No.023 »

[No.167-2]らせん

No.167-2

「びっ、びっくりしたでしょ!全くもぉ・・・」

一瞬でも麻由(まゆ)の世界に引き込まれた感じだ。

「私を別世界に連れて行ってどうするのよ!」
「ホント?」

どうにも楽しそうな雰囲気がシャクに障る。
(心配して損した・・・)
ちょっと前のアンニュイな麻由の面影はない。
それこそ、別世界から来ていたようだ。

「もー、何なのよ!」

真面目な話なのか、不真面目な話なのか混乱している。

「でも、らせん状は本当」
「・・・じゃなくて、そんなイメージだよ」

麻由が今度は寂しげな顔をした。

「・・・もう、その手には引っか・・・から・・・な・・・」

さっきのように威勢良く反論出来なかった。
そんな雰囲気を感じたからだ。

「ふたつの世界がらせん状になっててね」
「だから、時々交わり、出逢うのね」

けど、らせんはすぐに離れて行くのも確かだ。

「まぁ、またいつか出逢えるよ」
「らせん状・・・だもんね」

そう思える出逢いや別れが、誰でもあるはずだ。

(No.167完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| |

« [No.167-1]らせん | トップページ | ホタル通信 No.023 »

(007)小説No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.167-2]らせん:

« [No.167-1]らせん | トップページ | ホタル通信 No.023 »