« [No.169-2]重いな・・・ | トップページ | [No.170-1]窓に映る私 »

ホタル通信 No.024

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.38 純愛
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

変り種の話の第3弾です。このタイプは他にもあります。詩が出
てきたり歌詞が出てきたり・・・もはや小説ではありません(笑)

実話度は0%ですが、話を作るきっかけとなるものは、どの小説
にもあります。
この話は後半に登場する「純愛-卒業-」の一部のフレーズが
フッ、と頭の中をよぎったことがきっかけです。
純愛をそのままの路線で行くと、ちょっと重くなりそうだったので
あえて真逆のヘヴィメタルで話を作りました。

時系列が適当なので、流れは相変わらず分かりにくいと思いま
す。要約すると智史は憧れの先輩で、歌詞の通り、私は恋に破
れました。同級生でもあり事情を知るレベッカは時を越えふたり
のキューピットとなるべく、歌詞を依頼し、智史を会場に呼んだの
です。
それがきっかけとなり、ついにゴールインすることになりました。
最後のシーンでは、そのゴールインから少なくとも1年は経過し
たことになります。

最後に「純愛-卒業-」の歌詞について。

昔が手紙で、今はメールだとしても、女の子の気持ちは時代を
通じて変わることはありません。
サブタイトルを“卒業”としたのは、最後のフレーズに引っ掛けた
からです。
まさしく卒業式当日、私の目の前をその先輩が通り過ぎて行く。
振返りたい衝動をこらえ、もう、振返らないと決めました。それは
行動だけではなく、気持ちの面でもそうでした

おこがましいですが、奥華子さんに歌っていただければ似合い
そうな感じです
A0007_000220
web拍手

| |

« [No.169-2]重いな・・・ | トップページ | [No.170-1]窓に映る私 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.024:

« [No.169-2]重いな・・・ | トップページ | [No.170-1]窓に映る私 »