« [No.165-2]望郷の影 | トップページ | [No.166-1]退屈な時間 »

ホタル通信 No.022

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.17 出逢いの歯車
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

今回のホタル通信を含めて数回に亘り、変り種の話を紹介して
いきます。

まずは、この話の背骨になるものは、“出逢いは奇跡である”と
いうことです。様々な偶然を積み重ね、それは成し遂げられる。
沙紀はそれをジグソーパズルに例え私は歯車に例える。どちら
もひとつでも欠けると、不完全のままです
ただ、歯車の場合はパズルよりもシビアで、ひとつでも欠けると
出逢いと言う最後の歯車を回すことはできません。

この話のきっかけになったのは、ある人との出逢いです。

それこそ色々な偶然が積み重ねられたことを歯車に置き換えて
話を作ってみました。
ラストの部分は小説の視点が一人称であることが災いしちょっと
分かり難いと思います。「もしもし・・・」と電話を掛けた相手なんで
すが、私の彼であり、最近ギクシャクしていた・・・との設定です。
その伏線は「油を差さないと」のくだりになります。

さて、この小説のどこが“変り種”だが分かりますか?

実は話の中身そのものでなく「No.66 奇跡の星」で「出逢いの歯
車は間違っている」と、突っ込まれます。
自分で作った小説を、自分で“間違っている”と言っているのです
から前代未聞ですよね
ただ、これは最初から狙っていたわけではなく「こんな考え方もあ
りますよ」と言いたいため、あえて自分で突っ込んだわけです。

更に「No.66 奇跡の星」は「No.86 始まりはただの人」に繋がって
いきます。
   A0001_001572

web拍手

| |

« [No.165-2]望郷の影 | トップページ | [No.166-1]退屈な時間 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

出逢い・・・ですか。。
たとえば ゾウリムシが顕微鏡の中でゴッツンコw
それも出逢いですよね。
でもたぶん運命とも奇跡とも偶然とも思わない(笑
そこに価値を見出した時 人は出逢いの意味を探すのでしょうね。。
それが偶然なのか 運命なのか 奇跡なのか。。。
でも 考えてみると ゾウリムシ的な出逢いは日常茶飯事に行われているわけで
「ゾウリムシ」が「運命」に出世するのは その人の心の窓の映り様かな。。
よくよく磨いてみたら やっぱりゾウリムシだったw
なぁ~んてね(笑
出逢いは 七変化。。
運命も奇跡も偶然も いろいろ姿を変えて
だから 人生って面白い^^

投稿: なっち♪ | 2010年5月20日 (木) 00時41分

出逢いの答えを求めて旅をしてたら、最後に出逢ったのはゾウリムシだったみたいな(笑)
自分の中でも、出逢いの姿は刻々と変わっています。うふふ、今でもそうかもしれません。
偶然が運命に、運命が奇跡に、奇跡がゾウリムシに
やっぱり出逢いの正体はゾウリムシに決まりのようです。
新たな出逢いがあった時は「ゾウリムシぃ!」と心で3回唱えてくださいね


投稿: Re:なっち♪さんへ | 2010年5月20日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.022:

« [No.165-2]望郷の影 | トップページ | [No.166-1]退屈な時間 »