« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

[No.170-1]窓に映る私

No.170-1

「ちょっと心理テストしてみない?」
「いきなり何よ」
「ほら、今度、パーティがあるじゃない」

麻貴(まき)曰く、異業種交流パーティの作戦会議らしい。
会場のどこの席に座るかで、様々な心境が分かるという。

「ちなみに、そのテストは公式なもの?」
「ううん、麻貴プレゼンツだよ」

(話半分・・に聞いておこう)

麻貴がいくつか場所を挙げた。
カウンター、窓際、中央、そして小上がり。

「私はカウンターかな」

麻貴のカウンセリングを待たずとも、だいたい予想できる。
カウンターに座るのは、ズバリ社交的な人のはずだ。

「えー意外!」
(違う・・・の?)
「瑤子(ようこ)は男性を寄せ付けないタイプね」
「なんでよ?」

カウンター越しには店の人など、第三者が居る。
だとすれば、男性も口説きにくいはずだ。
そのことを言っているらしい。

「まぁ・・・そうね」

意外に納得できる答えだ。

「窓際も好きよ」

カウンターも好きだけど、窓際も捨てがたい。
それに、これも予想が付く。
以前、似たような心理テストを経験したことがあった。
自分に対する興味が分かる・・・そんな場所だ。

「へぇー、これまた意外!」

何が意外だと言うのか・・・答えが怖い。

(No.170-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.024

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.38 純愛
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

変り種の話の第3弾です。このタイプは他にもあります。詩が出
てきたり歌詞が出てきたり・・・もはや小説ではありません(笑)

実話度は0%ですが、話を作るきっかけとなるものは、どの小説
にもあります。
この話は後半に登場する「純愛-卒業-」の一部のフレーズが
フッ、と頭の中をよぎったことがきっかけです。
純愛をそのままの路線で行くと、ちょっと重くなりそうだったので
あえて真逆のヘヴィメタルで話を作りました。

時系列が適当なので、流れは相変わらず分かりにくいと思いま
す。要約すると智史は憧れの先輩で、歌詞の通り、私は恋に破
れました。同級生でもあり事情を知るレベッカは時を越えふたり
のキューピットとなるべく、歌詞を依頼し、智史を会場に呼んだの
です。
それがきっかけとなり、ついにゴールインすることになりました。
最後のシーンでは、そのゴールインから少なくとも1年は経過し
たことになります。

最後に「純愛-卒業-」の歌詞について。

昔が手紙で、今はメールだとしても、女の子の気持ちは時代を
通じて変わることはありません。
サブタイトルを“卒業”としたのは、最後のフレーズに引っ掛けた
からです。
まさしく卒業式当日、私の目の前をその先輩が通り過ぎて行く。
振返りたい衝動をこらえ、もう、振返らないと決めました。それは
行動だけではなく、気持ちの面でもそうでした

おこがましいですが、奥華子さんに歌っていただければ似合い
そうな感じです
A0007_000220
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.169-2]重いな・・・

No.169-2

「相変わらず、重いな」

一瞬惑うほど、数日前と全く同じセリフを言われた。
痛めた足首がまだ完治していない。
そこにきて、目の前に急な階段が立ち塞がった。
そのために、また貴志の背中を借りることになってしまった。

「またぁ!失礼な・・・」

途中まで言いかけたけど、なぜだがその先が言えなかった。
彼がいつになく穏やかな表情だったからじゃない。
その言葉の意味に、今、ようやく気付いたからだ。

「ごめん・・・」
「何のこと?」

始めはとぼけていた貴志も、すぐに私の想いに同調してくれた。

「体はきゃしゃなんだけどな」

貴志の表情はさっきにも増して穏やかだった。
他人からすれば、チグハグな会話をしているように見える。

「支えられそう?」
「どうかな・・・結構、重いしな」

私の過去までも背負ってくれる、彼の足取りは力強い。

「そのうち軽くなるよ、ダイエットと同じ」

私は返事をせず、黙って背中に顔を埋めた。

(No.169完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.169-1]重いな・・・

No.169-1

「相変わらず、重いな」

貴志の何気ない一言だった。
私は反論する前に、自問自答した。

(相変わらずって・・・今が初めてだよね?)

階段を踏み外し、足首を痛めた。
その時、彼が背中を貸してくれた。

「ねぇ、今までおんぶしてもらったことあった?」
「いいや」
「じゃあ、なんで“相変わらず”なのよ?」

それに女性に向かって“重い”の一言は、それこそ重い。
彼の反論を待たず、話を続けた。

「ちょっとぉー!失礼じゃない?」
「そうかな」

貴志が涼しい顔する。
お世辞にもスタイルが良いとは言わない。
けど、体重はダイエットの効果で健康的に今も減っている。

「モデルのようにもっと痩せろってこと?」
「モデルとは言わないけど・・・」
「じゃあ、女優?それともアイドル歌手?」

適当な答えがあれば是非、聞いてみたい。

「そう怒るなって・・・ほら、行くぞ」
「もう!この続きは後でだよ」

貴志が私をおぶって歩き出した。

(No.169-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.168-2]鉄道員

No.168-2

「鉄道員だよ」
「えー意外、ポッポやだなんて・・・」
「俺、歳いくつだっけ?」

それは今から数えれば、かなり昔のイタリアの映画になる。
当時なら、それほど昔ではなかったはずだろうが・・・。

「全然知らないけど」
「俺もどんな映画かは知らなかった」

当時、映画どころか何の曲かも知らなかった。
いくつか曲を選択できた中で、これを選んだ。

「どうしてこれを選んだの?」

佐江(さえ)が当然とも思える質問をしてきた。

「他の曲は全部、カタカナで書いてあったので・・・」
「カタカナ・・・?元は英語ってことね」

さすが佐江だ、理解が早い。

「唯一、何となく意味が通じるから」

けど、実際聞いてみると思いのほか、寂しげな曲だった。
曲を聴くまでは、友人達と替え歌を作ってふざけていた。
そのギャップに何か後ろめたいものまで感じた。

「プレゼントしたオルゴール開けてみて」
「・・・嘘だろ?この話、初めてしたと思うけど」

包みから取り出しオルゴールのフタを開けた。

「・・・音がしない・・・けど・・・」
「曲は今から探しに行くわよ」

随分、久しぶりに聴くことになった。
大人になって聴くこの曲を、ようやく理解できる歳にもなった。

(No.168完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.168-1]鉄道員

No.168-1

小学生の時、図工の時間にオルゴールを作った。
作ったと言っても、箱自体は完成品だった。

「じゃあ・・・何を作ったのよ?」

佐江(さえ)が、もっとものことを言った。
僕の誕生日のプレゼントにオルゴールを貰った。
それが話のきっかけになった。

「フタの部分に彫刻したんだ」
「彫刻・・・彫るってことよね?」

皆、思い思いのデザインを施した。

「あなたは?」
「俺?あぁ・・・カブトムシ」
「・・・」
「聞いといて何だよ」

別の答えを期待していたようだが、小学生ならこんな程度だ。
自分の好きな物を彫っただけだ。

「結構、大変だったんだぞ」
「ふ~ん・・・で、曲は?」

カブトムシのくだりはもう終ったらしい。
あっけなく、本題へ移った。

「曲・・・?」
「オルゴールなら、カブトムシよりそっちでしょ!」

確かにそうだ。

「実は・・・」
「どうせ覚えてないでしょうけどね」

佐江の言葉とは裏腹に、今でも記憶に残っている。

(No.168-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.023

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.06 四つのシリウス
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:天の声

変り種の話の第2弾です。現時点で167話を紹介して来た、冬の
ホタルですが唯一の三人称視点の小説です。

前半は実話に近いと思います。思います・・・との表現の理由は
綾から雅宏との出逢いを聞いて、それを小説にしたからです。
だから、三人称にしたわけではありません。ブログを始めた頃は
特にテーマも人称も決めていなかったという単純な理由です。
その内、心をテーマにしようと決めたために、三人称では都合が
悪くなりました

綾は星が好きで、特にシリウスはお気に入りのようでした。
その影響もあり、当ブログ内ではシリウスの名前が随所で登場
します。同様に、月を表す“ルナ”もそうです。

後半はほぼ創作です。
どちらかと言えば悪い意味で、彼女は涙を見せません。そんな
彼女でも壮大なプラネタリウムを見上げ、涙するのです。この事
実をもとに創作しています。
当時は気持ちだけで書いており、完成度としては恥ずかしい限
りですが、ラストを盛り上げようとする、そんな片鱗を垣間見るこ
とができます。

さて、冬のホタルでは裏でコッソリ、各小説がリンクしています。
今回の話も実は「No.08 銀河鉄道の夜」「No.18 無難なお土産
とリンク関係があります。
一見すると何の係わりもないように見えますが、プラネタリウム
をキーワードにすれば、何らかの繋がりが見えると思います。
  A0003_ki_0164
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.167-2]らせん

No.167-2

「びっ、びっくりしたでしょ!全くもぉ・・・」

一瞬でも麻由(まゆ)の世界に引き込まれた感じだ。

「私を別世界に連れて行ってどうするのよ!」
「ホント?」

どうにも楽しそうな雰囲気がシャクに障る。
(心配して損した・・・)
ちょっと前のアンニュイな麻由の面影はない。
それこそ、別世界から来ていたようだ。

「もー、何なのよ!」

真面目な話なのか、不真面目な話なのか混乱している。

「でも、らせん状は本当」
「・・・じゃなくて、そんなイメージだよ」

麻由が今度は寂しげな顔をした。

「・・・もう、その手には引っか・・・から・・・な・・・」

さっきのように威勢良く反論出来なかった。
そんな雰囲気を感じたからだ。

「ふたつの世界がらせん状になっててね」
「だから、時々交わり、出逢うのね」

けど、らせんはすぐに離れて行くのも確かだ。

「まぁ、またいつか出逢えるよ」
「らせん状・・・だもんね」

そう思える出逢いや別れが、誰でもあるはずだ。

(No.167完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.167-1]らせん

No.167-1

時より世界は交じり合う。
そう思える時が一度や二度、必ず訪れる。

「結局、住む世界が違ったのよね」

麻由(まゆ)がなんともアンニュイな顔をする。
住む世界が違う・・・。
自分自身を見下げて言うことがある。
逆に相手を蔑(さげす)んで言う場合もあるだろう。

「そんな相手に出逢ったわけ?」
「お互い手の届く範囲にいなきゃだめってこと」

異なる世界の住人が出逢う・・・。
決して大袈裟な表現ではないことは私も分かっている。

「流れからすると・・・」
「そうよ、元の世界に帰った・・・と言えばいい?」
「宇宙人みたいね」
「それ、最高!」

重々しい空気を一変させる一言になった。
それは半分冗談でもあり、核心をつくものでもある。

「ただね・・・それぞれの世界を行き来するんじゃないの」

一旦、終ったような話を続けた。

「時より、別の世界と交わる」
「それは何となく聞いたよ」
「そう・・・世界はらせん状になってるの」

更に空気が重くなった気がした。

「・・・どう?キマったでしょ?」

麻由が勝ち誇った表情を浮かべた。

(No.167-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.166-2]退屈な時間

No.166-2

「あれ・・・?」
「どうした?」

菜緒がせいじゅうろうをひとつ、手に取った。

「これ・・・買った覚えがないんやけど」

パッと見では、緑の丸い塊を背負ったような感じだ。

「何だろう・・・草もち?」
(いや、そっち・・・の方向じゃなくて)
「何かのボールかな?」
(・・・微妙だけど、その方向で・・・)
「その前に、なんでこれがあるんやねん?」

話を振り出しに戻ってしまった。
そのストラップは菜緒の目を盗んでさっき俺が混ぜたものだ。

「その・・・あれだ・・・ま・・・と言うか・・・」

その緑の正体をつい口にしそうになった。
できれば菜緒に当ててもらいたい。

「沢山あるから思い出せないだけじゃない?」
「そうなんやろか・・・」
「そう!絶対そうだって!」

こうなるなら、素直に渡した方が良かったかもしれない。

「実は・・・」
「あぁー!もうちょっと考えるから待ってや」

俺を遮るかのように菜緒が割り込む。
もしかしたら、菜緒は知らない振りをしているだけかもしれない。
俺がこのストラップを混ぜたこと、そして緑の正体も。
だから、ふたりには退屈な時間は流れない。

(No.166完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.166-1]退屈な時間

No.166-1 [No.07-1]せいじゅうろう

「へぇー、沢山集めたな」

090510_123002

色々な着ぐるみのリラックマが並んでいる。
いわゆるご当地物のストラップだ。

「むっちゃ、集めてん」

数えるのに、少しためらいを覚え始める量だ。
物を集めることに関しては、男女関係ないようだ。

「これは長崎で買ってもろたやつ」

今更「誰に?」とは聞かない。
菜緒を取り巻く複雑な人間関係は承知している。

「これ、一番のお気に入りやねん」
「これなぁ・・・」

菜緒が買った時の話を始めた。
この手の話は聞く方に、苦痛にも似た退屈な時間が流れる。
その場に居なければうなづけない話が多いからだ。
でも、菜緒と居る場合は違う。

「今度、俺も札幌に戻ったら探してみる」
「ほんまに?」
「仲間が増えるんよ!良かったですなぁ」

その言葉は俺ではなく、並んだせいじゅうろう達に向けられた。
こうやって純粋に喜び、そして話してくれる。

「良かったですなぁ」

ひとつひとつ手に取り、話しかけている。
他人には理解し難い時間が過ぎて行く。
けど、俺にとってはこの上なく大切な時間なんだ。

(No.166-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.022

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.17 出逢いの歯車
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

今回のホタル通信を含めて数回に亘り、変り種の話を紹介して
いきます。

まずは、この話の背骨になるものは、“出逢いは奇跡である”と
いうことです。様々な偶然を積み重ね、それは成し遂げられる。
沙紀はそれをジグソーパズルに例え私は歯車に例える。どちら
もひとつでも欠けると、不完全のままです
ただ、歯車の場合はパズルよりもシビアで、ひとつでも欠けると
出逢いと言う最後の歯車を回すことはできません。

この話のきっかけになったのは、ある人との出逢いです。

それこそ色々な偶然が積み重ねられたことを歯車に置き換えて
話を作ってみました。
ラストの部分は小説の視点が一人称であることが災いしちょっと
分かり難いと思います。「もしもし・・・」と電話を掛けた相手なんで
すが、私の彼であり、最近ギクシャクしていた・・・との設定です。
その伏線は「油を差さないと」のくだりになります。

さて、この小説のどこが“変り種”だが分かりますか?

実は話の中身そのものでなく「No.66 奇跡の星」で「出逢いの歯
車は間違っている」と、突っ込まれます。
自分で作った小説を、自分で“間違っている”と言っているのです
から前代未聞ですよね
ただ、これは最初から狙っていたわけではなく「こんな考え方もあ
りますよ」と言いたいため、あえて自分で突っ込んだわけです。

更に「No.66 奇跡の星」は「No.86 始まりはただの人」に繋がって
いきます。
   A0001_001572

web拍手

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.165-2]望郷の影

No.165-2

「なんか変な感じね」
「グレー・・・かな」

一見すると無塗装にも見える。
それでも、見た目はそっくりだ。
それから、しばらく会話が止まった。

「ねぇ、お盆休みどうする?」
「帰らないつもりだったけど・・・」
「私も、同じ」

再び会話が止まる。
敦子(あつこ)も同じ考えのようだった。
思いのほか住み慣れた町の光景と重なったはずだ。

「風が・・・気持ちいいね」

体には感じない。
木々の葉がささやく程度に揺れた。
敦子はそれを、そう表現した。
 
「見えてないでしょ?」
「何よ、その質問?」

敦子のリラックスモードを見ていると、つい聞いてしまった。

「目の前の光景のことよ」
「なんだ・・・そうね、見えてないね」

敦子も私も見えていない。
見えているのは望郷の影だ。

夕日にテレビ塔が赤く染まる。
そこには見慣れた赤いテレビ塔が立っていた。

(No.165完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.165-1]望郷の影

No.165-1

「ねぇ、あっち行ってみない?」

敦子(あつこ)が、口にすると同時に走り出した。

「ちょ、ちょっと・・・」

敦子の気持も分かる。
私だって、走り出したい気分だった。
急いで敦子の後を追った。
ほどなくして、明らかに周辺とは違う風景が広がった。

「なんか、懐かしいね・・・」

街中を東西に分断するかのように緑が続いている。

「本当・・・よく似てる」
「この辺りは、どちらかと言えば・・・」

やや、草木がうっそうとしている。
(この雰囲気は・・・)

『赤レンガ・・・道庁ぉー!』

ふたりの声が重なった。

「これって楽屋ネタみたいだね」

言葉の意味は違えど、確かにそんな感じだ。
それを知らない者には何のことか分からない。
同郷の者同士だからできる、ローカルな話だ。

「あれ、見て!」
「わぁ、懐かしい!・・・と言うのも変ね」

夕暮れ時、視線の先に見慣れた塔が立っていた。

(No.165-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.164-2]追い越す私

No.164-2

「ねぇ、どうするの・・・これから?」

修羅場こそないが、ドラマのワンシーンのようでもある。
すれ違いの原因は分からない。
ドラマなら、回想シーンのひとつでもあれば事足りる。
改めて、今が現実だと知った。

「俺、もう帰るな」
「待ってよ・・・」

自分の言葉に力がないことは分かっている。
その証拠に、もう彼は目の前には居ない。
(・・・追いかけなきゃ・・・)
まさしく、ドラマと同じシーンが展開された。
去って行く彼・・・そして追いかける私・・・。

「遅かった・・・」

いつもの駅に彼の姿はなかった。

「バーカ!早いんだよ」

背中越しに彼の声がした。
いつの間にか彼を追い越していたようだ。

「いつも先に行くよな」
「じゃ、歩調を合わせてよ」
「まぁ・・・仕方ないか」

ドラマなら最終回でも、私達にとっては始まりとなった。

(No.164完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.164-1]追い越す私

No.164-1

稀にドラマと同じようなシーンに遭遇する。
有りそうで無さそうな、そんなシーンに・・・。

『お客様の中にお医者様は・・・・』

もはや定番とも言えるシーンがテレビの中で展開されている。
そして、必ず医者が居る。

「そりゃ、ドラマだからだろ?」

一也(かずや)が、当然だと言うような口調で答えた。

「本当にそんなことあるのかな?」
「意外にあるらしいぞ」

数百名の乗客からすれば、居てもおかしくはない。

「まぁ、一人ぐらいなら・・・ね」
「ほとんど医者だっだこともあったみたいだな」

一也が言うには、何らかの医者の集まりがあったらしい。

「その人、ラッキーだよね!」
「逆だよ!機内で調子悪くなるんだから、アンラッキーだよ」

この頃からだった。

一也との関係がギクシャクし始めた。
そして、お互い意識して距離を保つようになった。

(No.164-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.021

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.37 ラジャー!
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

話の中心である“ラジャー”と言う言葉、そして話のラストを飾る
“ラジャりました”は実話です。

冬のホタルでは小説の舞台が、「メールでのやり取り」の場合
が度々ありますが、その内容・・・特にある単語を切り取ったも
のはこれ以外ありません。
“ラジャー”だけで話を構成したのであれば、実話度はそんなに
高くはないのですが、登場する綾乃の人物像は、実際と非常に
近く書いているため、この程度にしています。

皆さんは相手への同意を表す言葉に何を使いますか?

“ラジャー”と言う言葉は、アメリカの古い映画やドラマで使われ
ているイメージを持っています。綾乃の言う通り、軍隊的な表現
だとも思いましたが、何か別の言葉が使われていたような気も
していました。
でも、とても不思議なことがひとつ。綾乃の口からその言葉を聞
いたことはありません。なぜか、メール・・・文字だけにそれを使
っているようでした。

そんなラジャーですが、小説に書いたように、笑顔になれる言葉
なんですよね。彼女の純粋で元気な・・・それらが全て詰まって
いるような気がしています。
ラストを飾る“ラジャりました”は確かに大笑いし、彼女らしい一言
は、今でも心に残っています

またいつの日か、この言葉に出逢うために、ブログを書き続けて
いるのかもしれません。
A0001_004014
web拍手

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.163-2]未来が見えたなら

No.163-2

(1年待てるのに?・・・どんな意味だろう・・・)

1年待てるなら、1日待つことは簡単なことだ。
そのままの意味なら、矛盾している。
多分、あのエキスを加える必要があるのだろう。

「もしも未来が・・・これが鍵なのね?」
「そう・・・分かる?」

その答えは見えないものの、何となくそんな気がする。
何かを感じているからかもしれない。

「昔、付き合っていた彼が居てね・・・」

振返るように話始めた。

「1日だって待てなかったの」

彼から来る返信メールを1日も待てなかったらしい。

「彼だって色々と事情があるわけでしょ?」

返事が遅いから、待ちきれず催促のメールを送る。
急ぎの約束なら、まだ催促のしようもあるだろうが・・・。
案の定、彼とは連絡が途切れてしまったようだ。

「結果的に1年待ってることと同じになった」
「別れて1年ってことか・・・」

もしも未来が見えたなら・・・。
今日の1日を待つようになる、そうならないためにも。

「あなたなら1日待てる?」
「簡単なことよ」

だって、もう2年も待っているのだから。

(No.163完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.163-1]未来が見えたなら

No.163-1

「もしも未来が見えたなら・・・」

飲み会の席で、亜美がボソッとつぶやいた。
冗談とも本気とも言える表情に時が止まる。

「・・・なぁ~んてね!」

場の空気をいち早く察知したのは、口にした本人だった。
その一言で、ようやく時が動き出した。

「もぉー!びっくりするじゃない」

周りも口を揃えたが、ほどなくそれぞれの会話に戻った。
気遣ってのことか、単に興味がないのか、それは分からない。
けど、少なくとも私は興味がある。

「ねぇ、さっきのことだけど」

飲み会の帰り、その話を切り出した。
亜美とは帰る方向が同じだ。

「やり直したいことでもあるわけ?」
「ううん、そんなたいしたことじゃないの」

未来が見えたなら・・・随分と、たいしたことだと思う。
それに、この手の話は何らかの後悔から来る。
なぜなら、自分がそうだからだ。

「聞いてもいい?」
「そのつもりで、さっき言ったんだけどね」

あえて、飲み会の席を選んだようだった。
そんな軽い乗りの方が、逆に気が楽な時もある。

「1年待てるのに、1日は待てない」

唐突とも思える亜美の言葉だった。

(No.163-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.162-2]ある場所の奇跡

No.162-2

「それ、どこか分かるよ」

璃子(りこ)が、何のためらいもなく答えた。
映画、ゲーム、SFを繋ぐキーワードは未だ見つからない。
けど、それらの要素を全て含む人なら、目の前に居る。

「・・・うそ・・・どこよ?」

冗談とも思える即答ぶりに、多少の疑問を抱いた。

「疑ってる・・・聞いといて?」
「だって・・・」

後に続く言葉が見つからない。
期待通りに答えを出してくれたのに、なんだが釈然としない。
余りにも、あっさり答えられたせいかもしれない。

「その人が地元の人だとすれば・・・」
「すれば・・・?」

ピンポイントでその場所を当てられると言う。

「多分、あの場所ね・・・で、さぁ・・・」
「分かってる!車でしょ?」

もうひとつのキーワード・・・車で走りながら見る。
その条件も満たしているようだ。

「じゃ、同じく・・・日曜日に」

日曜日、友人とふたりでその場所へ向かった。
あえて、どこに行くのか聞いていない。
「もうすぐよ」
「えっ!まだ、高速道路降りてないよ」

その場所へ向かうために、高速に乗った気でいた。
「ほら、ここよ」
右へカーブしている道を走りながら、左手にそれが現れた。
なるほど・・・見れば納得できる。

「あぁー!もっとゆっくり走ってよぉ!」

気付けば大声と共に、コンビナートが視界から消えていった。
A0002_003123_3

(No.162完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.162-1]ある場所の奇跡

No.162-1

『・・・うん、そうね、あの景色はきれいだったよね』

店内のBGMが途切れた瞬間に、フッと耳に飛び込んできた。
隣の席の女性が、携帯電話で小声で話している。

『映画やゲームのワンシーンを思い出さない?』

(映画・・・夕暮れの海とか、かな?)

気付けば、会話に聞き耳を立てていた。

『・・・そう、そう!SFっぽいしね』

(SFっぽい?)

さすがに夕暮れの海は違うと分かる。
映画、ゲーム、SF・・・何か繋がりがあるようには感じる。
それぞれを繋ぐキーワードは何だろうか・・・。

(あっ!何、人の話に夢中になってるのよ!)

自分で自分に言い聞かせた。
良く言えば人間観察だし、悪く言えば盗み聞きだ。

『断然、遠くから見た方がもえるよ』

(もえる・・・萌える・・・ってこと?)

遠くと言うことは、かなり広大な景色だと言うことだろう。
あるいは大きな建造物とか・・・。

『ねぇ、ねぇ、今度いつ行く?』
『・・・日曜日?・・・分かった・・・』
『今度は、もうちょっと、ゆっくり走ってよ』

会話はそこで終った。
私の心に、大きなモヤモヤ感が残った。

(ゆっくり走る・・・車だろうか?)

車で見なければならないほど広大な景色・・・。
確かに映画やゲームの壮大感にも繋がる。
ただ、残念なことにその答えを知ることが出来ない。

(No.162-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »