« [No.160-2]空と私 | トップページ | [No.161-2]生命の足音 »

[No.161-1]生命の足音

No.161-1

「ねぇ、虫の知らせって信じる?」
「・・・」

神妙な顔つきに、即答を避けようとする意識が働いた。
この手の話題は夏が相場だ。

「・・・け・い・け・ん、したとか・・・?」

恐る恐る聞き返してみる。
単にテレビや雑誌の話題かもしれない。
けど、由布子(ゆうこ)の雰囲気から、そう聞き返してしまった。

「うん、音が聞こえたの・・・」
「音・・・?」

確かに、家の中で何か物音がしたとか良く聞く。

「あっ!実際の音じゃなくて」

慌てて、由布子が否定した。
何か具体的なものはないけど、その瞬間が分かったと言う。

「それを音に例えてみたの」

「なるほど」・・・本来はこう答えてあげたい。
ただ、それ以前に“経験した”と言う事実・・・。
それを、どう受け止めたら良いのだろうか。
それにもう一つ、亡くなった相手が誰かと言うことだ。

「告別と言うか・・・」
「生命の途切れた音って、言えばいいのかな?」

由布子が話を続ける。
もはや、それが存在することを前提で話をしているのが分かる。

「俺は信じないな」

短い言葉だったが、会話を終らせるには充分だった。

(No.161-2へ続く)

|

« [No.160-2]空と私 | トップページ | [No.161-2]生命の足音 »

(007)小説No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.161-1]生命の足音:

« [No.160-2]空と私 | トップページ | [No.161-2]生命の足音 »