« [No.161-2]生命の足音 | トップページ | [No.162-1]ある場所の奇跡 »

ホタル通信 No.020

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.109 恋人検定
実話度:☆☆☆☆☆(0%)

「○○検定」って流行っていますよね。ご当地ものやマニアック
なものまで・・・それをヒントにしています。

冬のホタルでは、男女の会話で話が展開することも多く、ならば
恋人関係のふたりなら、きっと話を面白い方向へ進めてくれるこ
とを願い、妄想状態に入りました。この時点では、いわゆるオチ
に相当する結末は考えていませんでした。

いつもの通り、ありそうでないような話で会話を進めて行った所
検定だけに自然に不合格のアイデアを思い付きました。
何らかの罰ゲームにするか否かは考えてなかったものの、恋人
同士であるふたりに関係する何かにしようとは頭のスミにありま
した。
樹里(じゅり)は、最初から不合格になるように仕組んでいます。
それを理由に逆プロポーズするわけですから、計算高い女性と
言えそうですが、作者としてはその逆を想定しています。
つまり、不合格を利用し勇気を出してプロポーズしたのだと・・・。
全く記憶にないことは書けずに空白のまま・・・そして小説の通り
これらの空白は、ふたりで埋めて行くことになります。恋人検定
の冊子は、あたかも未来日記だったのかもしれません。
A0780_000028
web拍手

| |

« [No.161-2]生命の足音 | トップページ | [No.162-1]ある場所の奇跡 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.020:

« [No.161-2]生命の足音 | トップページ | [No.162-1]ある場所の奇跡 »