« [No.155-2]思い付きな名前 | トップページ | [No.156-1]季節限定商品 »

ホタル通信 No.017

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.123 チャーミング
実話度:★★☆☆☆(40%)

タイトルと内容にマークが付く、分かりにくい話のひとつです。
では、その真相に迫ってみますね。

この話はチャーミングと言う言葉が主役です。この言葉、意外に
直訳とは違う使い方がされていると感じています。
一方では小説に書いた通り、表現しにくい性格や行動を言い表
すことができる不思議な言葉だとも感じています。そんな時、フッ
とあることを思い出しました。

小さい頃、実家の近くに小さな町工場があって、いつも何とも言
えない匂いが漂っていました。
そんなある日・・・友達が言いました「プラスティックにソースを掛
けて焼いた匂いがするね」と・・・もちろん試したこともなく、完全
にイメージだけの匂いでした。でも、そのフィット感に「そんな感じ
だね」と同意したことを覚えています。
チャーミングが工場の匂いに変わった真相は、こんな感じです。
時に言葉は、言い表すことが難しいものを的確に表現することが
できます。これって、一種の発明なのかもしれませんね。

かつての町工場は今は無く、パチンコ店に変わっています。
景観を意識してか独特のネオンもなく、完全防音で音も聞こえま
せん。それはそれで良いのかもしれませんが、何となく寂しいよ
うな気もします。町工場は匂いの他に、音に溢れ、そして温かさ
え感じさせてくれました。

時代を超えて、ふたつの想いが巡り合ったようでもあり懐かしさ
と共に、一気に書き上げました。
最後にもうひとつ。
主役のチャーミングと言う言葉・・・似合う人が居たからこそ、書き
始め、そしてフッと思い出したのです
web拍手

| |

« [No.155-2]思い付きな名前 | トップページ | [No.156-1]季節限定商品 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.017:

« [No.155-2]思い付きな名前 | トップページ | [No.156-1]季節限定商品 »