« [No.153-2]その先にあるもの | トップページ | [No.154-1]涙は女の武器 »

ホタル通信 No.016

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.86 始まりはただの人
実話度:★☆☆☆☆(20%)

登場する二人の人物、そして、その会話はほぼ創作になります。
実話度20%の根拠については、この先を読んでくださいね

この小説だけでなく、「出逢い」や「別れ」をテーマにした話を多く
書いています。自分の経験もあれば見聞きしたり、そして感じる
機会が多いからとも言えるのではないでしょうか?
登場する彼女達の言葉を借りると、運命の出逢いは奇跡の選択
を繰り返しながら出逢うのではないと言うことになります。
確かに言葉も交わさず、出逢った瞬間「運命の人!」と感じること
もないとは言えませんが、チョット少女マンガ風すぎるのかもしれ
ません
相手の性格や趣味から始まり、そして、触れてはいけない部分に
触れた時、ただの人が運命の人に変わる・・・この経験を、20%の
の根拠にしました。こう考えると、いつだって運命の出逢いがあり
ます。

ただ、本当はタイトル優先で書き始めた話でした。
タイトルがタイトルだけに、上手く締め括ることができるものか・・・
と、いつもの通り不安の書き始めとなりました。
それが意外なほど、二人の会話が、テンポ良く進み(完全な妄想
なんですが)ました。
そして、自分の経験がそうさせたのでしょうか・・・結末もほぼ悩む
ことなく、書き上げることができました。
いずれ、創作活動はお話するとして、1話(構成的には前半、後半
の2話)は、いつも1時間程度で作っています。この話は、特に書き
やすくて、30分も掛からなかったと思います。

勇気を出せば出逢える・・・そして、もっともっと勇気を出して、心に
まで触れることができれば、それは「運命の出逢い」に変わる。
例え、その心に“陰”があったとしても、逃げずに向き合ってほしい。
web拍手

| |

« [No.153-2]その先にあるもの | トップページ | [No.154-1]涙は女の武器 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.016:

« [No.153-2]その先にあるもの | トップページ | [No.154-1]涙は女の武器 »