« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ホタル通信 No.020

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.109 恋人検定
実話度:☆☆☆☆☆(0%)

「○○検定」って流行っていますよね。ご当地ものやマニアック
なものまで・・・それをヒントにしています。

冬のホタルでは、男女の会話で話が展開することも多く、ならば
恋人関係のふたりなら、きっと話を面白い方向へ進めてくれるこ
とを願い、妄想状態に入りました。この時点では、いわゆるオチ
に相当する結末は考えていませんでした。

いつもの通り、ありそうでないような話で会話を進めて行った所
検定だけに自然に不合格のアイデアを思い付きました。
何らかの罰ゲームにするか否かは考えてなかったものの、恋人
同士であるふたりに関係する何かにしようとは頭のスミにありま
した。
樹里(じゅり)は、最初から不合格になるように仕組んでいます。
それを理由に逆プロポーズするわけですから、計算高い女性と
言えそうですが、作者としてはその逆を想定しています。
つまり、不合格を利用し勇気を出してプロポーズしたのだと・・・。
全く記憶にないことは書けずに空白のまま・・・そして小説の通り
これらの空白は、ふたりで埋めて行くことになります。恋人検定
の冊子は、あたかも未来日記だったのかもしれません。
A0780_000028
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.161-2]生命の足音

No.161-2

「信じてほしくて話したんじゃない」

由布子(ゆうこ)が、搾り出すような声でしゃべった。

「聞いてほしかっただけ」

そう言えば、虫の知らせは親しい間柄に起きるとも言われる。
だからこそ、聞いてほしかったのかもしれない。

「ごめん・・・そんなつもりじゃ・・・」
「分かってるの、自分でも」

俺も全く信じないわけじゃない。
逆に、本当はそうあってほしいと願っている。

「もし、もしだよ・・・」

万一、自分に何かあったら・・・そんなことを由布子に話した。

「縁起でもない!・・・でも、ありがとう」
「知らせに来るよ、必ず」

それこそ縁起でもないが、自分で実行してみれば分かる。
冗談ような話だが、案外、本気だ。

「でも、どうやって知らせてくれるの?」
「そうだな・・・やっぱり、音かな」
「そうね・・・」

ふたりで、悩む姿が笑える。

「あなたドジだから、何かにつまずた音がするんじゃない?」
「そうだな・・・由布子の部屋、散らかってるしな」

今度は、ふたりして本当に笑った。
生命の途切れた音・・・そうじゃないかもしれない。
新たな絆が繋がる、その瞬間の音が聞こえるんだ。

(No.161完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.161-1]生命の足音

No.161-1

「ねぇ、虫の知らせって信じる?」
「・・・」

神妙な顔つきに、即答を避けようとする意識が働いた。
この手の話題は夏が相場だ。

「・・・け・い・け・ん、したとか・・・?」

恐る恐る聞き返してみる。
単にテレビや雑誌の話題かもしれない。
けど、由布子(ゆうこ)の雰囲気から、そう聞き返してしまった。

「うん、音が聞こえたの・・・」
「音・・・?」

確かに、家の中で何か物音がしたとか良く聞く。

「あっ!実際の音じゃなくて」

慌てて、由布子が否定した。
何か具体的なものはないけど、その瞬間が分かったと言う。

「それを音に例えてみたの」

「なるほど」・・・本来はこう答えてあげたい。
ただ、それ以前に“経験した”と言う事実・・・。
それを、どう受け止めたら良いのだろうか。
それにもう一つ、亡くなった相手が誰かと言うことだ。

「告別と言うか・・・」
「生命の途切れた音って、言えばいいのかな?」

由布子が話を続ける。
もはや、それが存在することを前提で話をしているのが分かる。

「俺は信じないな」

短い言葉だったが、会話を終らせるには充分だった。

(No.161-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.160-2]空と私

No.160-2

「でも、これからそんな季節よ?」
「そうね・・・」

言う通り、これから青空が眩しくなる季節だ。
人も街も活気付く。

「・・・もぉ・・・クールと言うか・・・相変わらずね」
「知ってるでしょ?私の性格」

こんな私に付き合ってくれる友人には感謝している。

「ねぇ、星って暗くならないと見えないじゃない?」
「何よ、急に」

何かを伝えようとしていることは分かっている。
それを素直に聞けないだけだ。

「“かげ”だってそう・・・その時にしか見えないものがある」
「そうなのかな」
「ほら、今だって!」

友人が私の影を指差した。
私の影・・・左胸の辺りがキラキラ光っていた。

「あっ・・・これ・・・なの?」

胸に付けているハートのブローチが光っていた。

A0006_000456

(No.160完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.160-1]空と私

No.160-1

「空は青いのに、私の心は曇り空・・・」
「・・・誰の歌?」

独り言のつもりだった。
でも、本当は聞いて欲しかったのかもしれない。

「ほら、歌詞に出てきそうじゃない?」

確かにそんな感じだ。
心の状態は天気や季節とかに例えられやすい。

「雨空じゃないだけ、ましってこと?」
「そうね、そんなとこかな」

青々とした空は爽快感がある。
けど、私はそれが嫌いだ。

「強い日差しほど“かげ”が濃くなる」

ぶっきら棒にその理由を話した。

「いろんな意味に取れるよね?」
「多分、その方がいい」

本音は隠したい、でも本音で話したい。
だから、あえて抽象的な表現をした。
青々とした空が、憎らしい時さえある。

(No.160-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.019

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.82 あの日のメダル
実話度:★★★★☆(80%)

今まで皆に与えられていた椅子が大人になるにつれ、少しづつ
少なくなって行く・・・そんな話です。小説では微妙に話をズラし
ている部分もありますので、比較してみてください。

時は小学5年生で、球技はあえて伏せておきます。
大会の後に、食事会と言えば良いのでしょうか・・・子供向けに
ジュースとかが振舞われました。
その席上・・・正しくは解散直後に、小説のような感じで呼び出
され、受け取っている姿を目撃しました。思えばバット・タイミン
グと言いますか、子供心に傷付いたことを今でも覚えています。
そりゃ、小説にするぐらいですからねぇ

その当時の心境もよく覚えてて、悔しいとか腹が立つとかでは
なく、小説のように「恥ずかしい」「その場から、消えたい」と言う
気持ちが残りました。
ただ、このまま話を終らせてしまうと、単なる私の不幸自慢にな
ってしまうため、最後の10行あたりからは回想から一気に現在
へと話を戻しました。ここから以降は全て創作です。
社会に出るとそんなことは日常だった・・・あの時の経験が私を
強くしてくれた・・・メダルは貰えなかったけれど、その代わりに
「生きる力」を貰ったと、結びました。

最後に後日談を書いておきます。
6年生になった時、優勝したかどうかは覚えていないのですが、
メダルを貰うことができました。
「勝ち取った!」と言う優越感より、もしかしたら・・・貰えない子
が居るんじゃないか、と・・・そのメダルの重みを感じたのも事実
です。
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.159-2]幸せを引寄せて

No.159-2

(・・・あっ!この感じ・・・)

経験したことがある、違和感を感じた。

由宇(ゆう)と、桜を見に来た。
有名な場所だけに、半端ではない混雑ぶりだ。
はぐれないように、慌てて由宇の腕を掴んだ瞬間だった。

(・・・とにかく混雑から抜け出さないと)

今、腕を離せる状況ではない。
違和感を感じつつも、そのまま人波に体を預け、何とか脱出した。

「噂通りの場所ね」
「思った以上だよ・・・それで話は変わるんだけど」
「違和感あったんでしょ?」
「・・・なんで分かったんだよ?」
「私も感じたの・・・」

右手で由宇の左手をつかんだ。
由宇にしてみれば、左手で僕の右手をつかんだことになる。

「じゃぁ、反対にしてみようか」

ちょっとした実験コーナーになったようだ。
改めて、左手で由宇の右手をつかんでみた。

「あれ?しっくりこないよぉ」
「そう?これなら、どうだ」

両手で由宇を引き寄せみた。
どうやら両手を使わないといけない時もあるようだ。

(No.159完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.159-1]幸せを引寄せて

No.159-1

「さっきから、なにモゴモゴして・・・」
「・・・どうも、しっくりこなくて」

何気なく右手で荷物を持ってみた。

「右利きでしょ?」
「そうなんだけど、荷物は左手で持つんだ」

そう考えると不思議だ。
傘を差している時も、左手でそれを持っている。
右手で持つと、やはり違和感を感じていた。

「由宇(ゆう)も、あるだろ?」
「わたし?そうね・・・考えとく」
「その前に、とりあえず左手で持てば?」

由宇の言う通り、いつも通り左手で持ってみる。
やはり、しっくりくる。

「へんな人ねぇ・・・最初からそうすればいいじゃん」
「おいおい、それはないだろ?」

左手だけでは持ちきれないほどの荷物がある。
それは全て由宇が買ったものだ。

「男なんだから、泣き言いわないのぉ!」
「どんな、論理だよ・・・全く」

それにしても・・・他にはどんな時に違和感を感じるのだろう。
今は思い付かないけど・・・。

(No.159-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.158-2]白いネコ

No.158-2

「沙織って、ネコ派だった?」

ランチの時、朝の出逢いを友人に話した。

「違うんだけど、なんて言うか・・・」
「は・はぁ~ん」

友人の目が怪しく・・・いや妖しく光る。

「それ、母性ね」
「それに、重ねたでしょ?」
「重ねた?」

世の中にはダメ男に惹かれる女性も多い。
友人はダメ男と汚れたネコを重ね合わせたと思っている。

「初恋の人がね・・・そんな感じだったの」
「ダメ男ってこと?」
「そっちじゃない!」

小学生だった頃、好きになった男の子がいた。
毎日、泥だらけになりながら遊んでいる姿を見ていた。

「見ていた・・・ねぇ・・・ご苦労様」
「なにさぁ・・・」

言葉は悪いけど、薄汚れた感じにちょっと惹かれた。

「重ねたのは、その男の子よ」
「母性と言われればそうかもしれないけど」

卒業を期に離れ離れになり、彼のその後は分からない。

「そのネコ、彼だったりして・・・なんてね!」

朝、私の呼び掛けにそのネコが応えてくれた。
人に慣れていないような、ぎこちない動きだった。
あの日の彼も・・・そうだった。

(No.158完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.158-1]白いネコ

No.158-1

(えっ・・・)

自転車の前を、白い物体が勢い良く通り過ぎた。
突然の出来事に通り過ぎてから、ようやく止まることができた。

(な、なんだったのよ・・・・)

衝突こそ避けられたようだが、振返り確認してみた。

「ちょっと・・・なに涼しい顔してんのよ!」

思わず大きな独り言を言ってしまった。
私の心臓は張り裂けんばかりに、ドキドキしている。
なのに、そいつと来たら・・・。

「ニャァー」
「・・・プっ!」

思わず笑ってしまった。
まるで何も無かったかのような、鳴き声だったからだ。
こっちが真剣だった分、拍子抜けが逆に笑える。

(場の空気を読んでよね・・・って無理か)

人間じゃない・・・と言う理由もあるが、なんせ気ままな動物だ。
相手がネコなら仕方ない。

A0731_000422

その白いネコが毛づくろいを始めた。
正確に言えば全体的に薄汚れて、やや黒ずんだ色をしている。
首輪も無いし、どうやら野良のようだ。

(それに・・・)

鼻の下も汚れている。
汚れた指で鼻の下を擦ったような跡が、ひげのように見える。

「おいで!」

相手は野良なのに、つい呼んでしまった。
野良のたくましさと言うか、ちょっとした哀愁を感じたからだ。

(No.158-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.018

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.113 かわいい勘違い
実話度:★★★★★(100%)

登場する男女の関係は事実と相違がありますが、それ以外は
ほぼ実話です。従って、いつもの通り、牽引役目線で話を進め
ますね。

ちょっとした病気で入院することになり、その時の医者とのやり
取りがまるでコントのようになってしまいました。
妙な緊張感で頭の中が真っ白と、までは行きませんでし
たが、それに近いものはありました。初めての入院だったことも
あり、まぁ、こんなものでしょう。
それに引き換え藍の積極性と言うか、女性はこんな時、頼りに
なりますよね。

・・・で、ダメな食べ物が乳製品。
北海道に住んでいたことがあるので必ずこの手の話題になると
「えー北海道なのに?」と言われます。
とにかく・・・短い入院生活とは言え、食事は大切と言うか必死
と言うか・・・嫌いなものは避けたい一心でした。
本当に乳製品がダメで、匂いだけでも気が滅入ってしまうほど
です。牛乳は小学校の給食以来、口にしていません。

この話は、話の筋も会話の内容、展開もリアルに再現できてい
ます。創作と比べると、かなりズルい感じですよね。
余りにも結末がコント的でもあり、逆に創作と思われそうな話に
仕上がりました。でも、冬のホタル的に、ちょっと物足りなさも感
じています。
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.157-2]いつものアレ

No.157-2

「いつものアレ?」

遥(はるか)に、ことの真相を話した。

「自分では気付いてないだろう?」
「言われてみれば、確かにそうね・・・」

驚くでも怒るでもないけど、何となく歯切れが悪い。
でも、認めたくない・・・そんな様子ではなさそうだ。

「いやに冷静だな」
「まぁね、全く気付いてなくもなかったし」

遥もまた、ことの真相を話してくれた。

「心・・・気持ち・・・を結び直すってこと?」
「そう!気持ちを引き締めたくて」
「それで、その代わりに?」
「何か、こう・・・形のあるものを、キュと締め直したくなるの」

(それで靴ひも・・・と、言うわけか)

「それなら、あの時はどうしてだよ?」

ずっと気になっていたことを話した。
あの日、結婚を前提に付き合っている遥を初めて親に紹介した。

「靴ひも、結び直さなかっただろ・・・」
「バカね、スニーカー履いて行けないでしょ?」
「その代わりに、コートのベルト締め直したのよ」

その言葉を聞いて、僕の心も引き締まる気分だった。

(No.157完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.157-1]いつものアレ

No.157-1

「ごめん、ちょっと待って」

遥(はるか)が、急にしゃがみこんだ。

(・・・いつものアレか)

他人が見れば、体の不調のように見えてしまう。
けど、そうじゃないことはすぐに分かる。

「靴ひもか?」
「うん、結び直すから」

結び直す・・・その言葉通り、結び直すのに他ならない。
ただ、彼女にとっては違う意味も含まれている。
多分、自分では気付いていないと思うが・・・。

「映画見るだけなのに、随分気合入ってるな?」
「気合・・・?なんのこと?」

やはり、気付いてないらしい。
彼女は気合を入れる時、直前に靴ひもを結び直すクセがある。
その対象は、大から小まで様々だ。

「・・・いや、そんな気がしただけ」
「変なこと言う人ね」

3Dで話題の超大作の映画だ。
それだけ、楽しみにしているって、ことだろうか。

そうなると・・・。
あの時、結び直さなかったのが、また気になり始めた。
いい機会だ・・・話してしまおう。

(No.157-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.156-2]季節限定商品

No.156-2

「着いたわよ」

茜(あかね)とある場所へ向かった 。
初めて訪れた場所だが、知った場所だった。

「これって・・・メールもらった桜だよな?」

枝の形が特徴的で、印象に残っている。
それより気になるのは、茜が何も買い物をしていないことだ。
・・・と言うことは、この場所で何か売っていることになる。

「限定商品って、屋台で売ってるとか?」

周辺には祭りで定番の屋台が並んでいる。

「違うよ」
「なら、買ってきたの?」
「それなら、わざわざここに来る必要はないでしょ?」

その通りだ。
だが、屋台以外に商売をしている雰囲気はない。

(まさか、手売りしにくる・・・とか?)

「あ・・・そろそろ来るわよ」

その時、だった。
強めの風が僕たちの間をすり抜けた。

「ほら、桜の花びら・・・今、だけよ」

なるほど、桜入りの風か・・・季節限定・・・上手いこと言う。

(No.156完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.156-1]季節限定商品

No.156-1

「季節限定商品って、なんだよ?」

茜(あかね)から、写メが届いた。
季節限定・・・書かれた件名に、写真が一枚添付されている。

(これ、桜・・・だよな?)

断言できないものの、多分そうだ。
なぜなら、それ以外の下で宴会することは、まれだからだ。
写真には、宴会風景まで写っていた。

「・・・で、限定商品って、桜のことか?」

もしかしたら、宴会の中に商品が写っているのかもしれない。
季節限定のスイーツとか飲料水とか・・・。
特に春なら、そのような商品が発売されやすい。

(でも・・・判別なんか無理だよ)

確かに飲み食いが行われている。
ただ、何を食べて何を飲んでいるかさえ、判断できやしない。

「素直に桜のことかな?」

桜の写真を洒落て紹介しただけかもしれない。
それに、急がずとも、来週その謎が解ける。

『来週くらいなら、まだ間に合うよ』

どうやら、その商品の発売期間は来週くらいまでらしい。

『分かった』

あえて何であるか聞かず、あっさりしたメールを返した。

(No.156-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.017

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.123 チャーミング
実話度:★★☆☆☆(40%)

タイトルと内容にマークが付く、分かりにくい話のひとつです。
では、その真相に迫ってみますね。

この話はチャーミングと言う言葉が主役です。この言葉、意外に
直訳とは違う使い方がされていると感じています。
一方では小説に書いた通り、表現しにくい性格や行動を言い表
すことができる不思議な言葉だとも感じています。そんな時、フッ
とあることを思い出しました。

小さい頃、実家の近くに小さな町工場があって、いつも何とも言
えない匂いが漂っていました。
そんなある日・・・友達が言いました「プラスティックにソースを掛
けて焼いた匂いがするね」と・・・もちろん試したこともなく、完全
にイメージだけの匂いでした。でも、そのフィット感に「そんな感じ
だね」と同意したことを覚えています。
チャーミングが工場の匂いに変わった真相は、こんな感じです。
時に言葉は、言い表すことが難しいものを的確に表現することが
できます。これって、一種の発明なのかもしれませんね。

かつての町工場は今は無く、パチンコ店に変わっています。
景観を意識してか独特のネオンもなく、完全防音で音も聞こえま
せん。それはそれで良いのかもしれませんが、何となく寂しいよ
うな気もします。町工場は匂いの他に、音に溢れ、そして温かさ
え感じさせてくれました。

時代を超えて、ふたつの想いが巡り合ったようでもあり懐かしさ
と共に、一気に書き上げました。
最後にもうひとつ。
主役のチャーミングと言う言葉・・・似合う人が居たからこそ、書き
始め、そしてフッと思い出したのです
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.155-2]思い付きな名前

No.155-2

「そうなんだ・・・」

何となく、訳ありのような気もする。
即答されたことを、逆に答えを用意してあったように感じてしまう。

「別に好きだった人の名前じゃないし」
(・・・だった、かぁ)
「現在、す・き・なぁぁ、人でもないよ」

さっきからバレバレのようだ。
よほど俺は顔に出るタイプらしい。
とにかく、現在進行形で好きな人が居るわけでもないようだ。

「そや!写真あるで」

そう言えば、実物を一度見た限り、その後見ていない。

「ほい!これがケロ祐一ですな」

微妙に日本語がおかしいけど気にしない。

「あれ・・・?これ・・・」

ケロ祐一が布団で寝ている。
これはこれで突っ込む所だが、それよりも・・・。

「これって、俺のお土産?」
「うん、以前もらったロイズのポテチチョコやで」

それを差し出す菜緒の左手も写っていた。

      090116_142101

「いっしょに?」
「ひとりで食べてもつまらへんし」

“祐一”は本当に思い付きらしい・・・そんな気がした。

(No.155完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.155-1]思い付きな名前

No.155-1 [No.07-1]せいじゅうろう

せいじゅうろうの登場で、影が薄くなったキャラが居る。

「なぁ、ご隠居はどうしてる?」
「せいじゅうろうが来てから、最近、見かけないけど・・・」
「“ケロゆういち”ならいつも寝てはるけど」
「そうなんだ・・・ん?」

(ケロゆういち・・・?)

「・・・名前、あったんだ・・・」

いつもご隠居としか、聞かされていなかった。
それに、ご隠居なのに、妙に若々しい名前が付けられている。

「そやで、言うてへんかった?」

それにしても相変わらず、ユニークな名前を付ける。
カエルらしいネーミングだ。
ただ、名前の後半が気にならなくもない。

「ゆういち・・・ってどんな漢字なの?」
「“しめすへん”に右で、漢数字の“イチ”やで」

(しめすへんに右・・・祐一か・・・)

“ゆういち”の漢字ならいくらでもある。
なぜ、ピンポイントに“祐一”なのか、ますます気になる。
確か、せいじゅうろうはアニメのキャラから取ったと聞いた。

「なぁ、ケロ祐・・・・」
「意味ないねん!思い付きやで」

俺の顔にそう書いてあったのだろうか。
言い終える前に、菜緒に即答された。

(No.155-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.154-2]涙は女の武器

No.154-2

(智久はどこいったんだよ!)

そっちがそうなら、こっちも仲間を呼ぶまでだ。

「ちょ、ちょっと待て・・・智久はどこ行ったんだよ?」
「え!・・・あいつ・・・?」

“ふいをつく”が成功した。

「逆ナンされて舞い上がってたわよ」

(誘惑の森で幻覚を見ているらしい・・・)

どうやら仲間を呼べる状況ではない。
ただ、早く何とかしないと、HPはそう長くはもたない。

(仕方ない・・・)

残りのHPと引き換えに、大技を繰り出すしか勝ち目がない。
僕は召喚獣“おごる”を召喚した。

「もう分かったから・・・何でもおごるからさぁ!」
「何でも・・・?」

彼女たちの“喜ぶ”のゲージが上がって行くのが分かる。

「じゃあ、ねぇ・・・・」

その後、僕の宝箱が空になるまで、ゴールドを使わされた。

「女性の涙は、ほんと怖い武器だよな」
「そうかな?男性がそう思ってるだけよ、ねぇ、さゆり?」

さゆり曰く、涙は武器ではないと言う。
女性だけに備わった、あらゆるものを防御する防具らしい。

(No.154完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.154-1]涙は女の武器

No.154-1

涙は女の武器だ。

それは全てを一刀両断するような鋭利な刃物ではない。
自分的には、魔法のイメージを持っている。

「・・・だから、もう泣くなよ」

戦闘フィールドが街中だと、無条件に僕の防御力が低下する。
加えて僕の“体裁”に、クリティカルヒットする。

「悪かった、謝る!だから・・・ね」

自分のHPが、どんどん減っていくのが分かる。

「・・・ど、どうすりゃいいんだよ・・・」

その魔法攻撃は高確率で“混乱させる”を発動させる。

僕を含めて男2人、女2人でテーマパークに遊びに来た。
皆、仲の良い友人の関係だ。
それが、どう間違ったか、こんな結果になった。

「さゆり・・・何があったの・・・?」

紘子(ひろこ)が、アイスを両手に帰って来た。
(まずい!・・・仲間が加わった)

「ちょっとぉ!どういうことよぉ!!」
「い、いやや・・・だからぁ・・・そ、その・・・」

それからも紘子の“口撃”が続いた。
これも魔法攻撃だ。
(名付けてサウンドブラスター!・・・って場合じゃない!)

涙と言葉の連携魔法を喰らい、僕のHPは急激に減って行った。

(No.154-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.016

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.86 始まりはただの人
実話度:★☆☆☆☆(20%)

登場する二人の人物、そして、その会話はほぼ創作になります。
実話度20%の根拠については、この先を読んでくださいね

この小説だけでなく、「出逢い」や「別れ」をテーマにした話を多く
書いています。自分の経験もあれば見聞きしたり、そして感じる
機会が多いからとも言えるのではないでしょうか?
登場する彼女達の言葉を借りると、運命の出逢いは奇跡の選択
を繰り返しながら出逢うのではないと言うことになります。
確かに言葉も交わさず、出逢った瞬間「運命の人!」と感じること
もないとは言えませんが、チョット少女マンガ風すぎるのかもしれ
ません
相手の性格や趣味から始まり、そして、触れてはいけない部分に
触れた時、ただの人が運命の人に変わる・・・この経験を、20%の
の根拠にしました。こう考えると、いつだって運命の出逢いがあり
ます。

ただ、本当はタイトル優先で書き始めた話でした。
タイトルがタイトルだけに、上手く締め括ることができるものか・・・
と、いつもの通り不安の書き始めとなりました。
それが意外なほど、二人の会話が、テンポ良く進み(完全な妄想
なんですが)ました。
そして、自分の経験がそうさせたのでしょうか・・・結末もほぼ悩む
ことなく、書き上げることができました。
いずれ、創作活動はお話するとして、1話(構成的には前半、後半
の2話)は、いつも1時間程度で作っています。この話は、特に書き
やすくて、30分も掛からなかったと思います。

勇気を出せば出逢える・・・そして、もっともっと勇気を出して、心に
まで触れることができれば、それは「運命の出逢い」に変わる。
例え、その心に“陰”があったとしても、逃げずに向き合ってほしい。
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.153-2]その先にあるもの

No.153-2

「こうして明るい内に飲みに行けることで感じるのよ」

その先の答えを話した。

「なぁーんだぁ、期待したじゃない!」
「でも、感動したでしょ?」
「おごってくれたら、するかもしれないよ」

夏帆(かほ)は気付いてるだろうか・・・。
私は嘘を付いている。

「さぁ、行くわよ!」
いつもの居酒屋へ向かった。

「ねぇ、さっきの話・・・私じゃ、ないでしょ?」
「・・・気付いてたんだ」
「嘘付く時、目をそらすクセ・・・知ってた?」

話の筋は、嘘じゃない。
ただ、その感覚を言葉で伝えるのは難しい。
暮れかかる空は、夕方とも夜とも言えない時間を演出してくれる。
その空の下、はしゃぐ私が居た。

『どこ行く?何しようか?』

何も決めず、ただブラブラしてるだけだって良かった。

「その先の先に答えがあったんだね」
「分かりにくくてごめん」
「そんなことない、さっき体験したから」

(No.153完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »