« [No.150-1]謎のオーケストラ | トップページ | [No.151-1]ケース・バイ・ケース »

[No.150-2]謎のオーケストラ

No.150-2

それから、ちょくちょくブログへお邪魔するようになった。

いつ見ても、その存在感には圧倒される。
それに、話の展開が上手い。
案外、奇抜とも思える言い回しに目を奪われがちだ。
けど、流れるような展開に全くストレスを感じない。

「おもちゃ箱、訂正しないといけないかも」

にぎやかさを、散らかしたおもちゃに例えてみた。
ただ、何度か訪問している内に、少し印象が変わった。

(・・・メロディ・・・リズム・・・ハーモニー・・・?)

「音楽的なセンスかな?」

そしてブログを構成するパーツたち・・・。

(そうか!)

「オーケストラだ!」

写真、文字の色や大きささえも、独特の音色を奏でている。
それらがまとまって、壮大な楽曲を構成する。

「楽譜と言えばいいかな?」

このブログのひとつひとつの記事はまさしく楽譜なんだ。
諧謔曲のようにユーモラスで、狂想曲のように気まぐれだ。

そして・・・。
時に、夜想曲のような、悲しげなメロディも彼女らしい。
その楽譜は、たった一夜だけ公開されたこともあった。
そんなオーケストラをまとめるは・・・そう、もちろん彼女だ。
絶妙な加減で指揮棒を振る。

「それに・・・感じる・・・」

今も、なお鳴り止まぬ拍手が私の心に響いてきた。

(No.150完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.150-1]謎のオーケストラ | トップページ | [No.151-1]ケース・バイ・ケース »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.150-2]謎のオーケストラ:

« [No.150-1]謎のオーケストラ | トップページ | [No.151-1]ケース・バイ・ケース »