« [No.147-1]凸凹コンビ | トップページ | ホタル通信 No.013 »

[No.147-2]凸凹コンビ

No.147-2

「俺、内面的に女性っぽい所があるんだ」
「そんな趣味があったんだ・・・」
「や、や・・・そっちじゃなくて!」

冗談で答えたつもりなのに本気で否定している。

「分かってるわよ、何かと丁寧だもんね」

弱々しいとか、いわゆる“草食系男子”ではない。

「逆に私なんか、男っぽいでしょ?」

彼が黙って首を縦に振る。
既に、この段階で男女の立場が逆転したような光景だ。

「俺の中の“女性”が・・・」
「私の中の“男性”を好きになった・・・でしょ?」

彼の言いたいことが良く分かる。
付き合い始めて間もないけど、そんなシーンが何度かあった。

「私の中の男性もそうよ」

相性って、本当はすごい複雑なのかもしれない。

「・・・それに」

彼が続けようとしている話が予測できる。

「代わりに、私の場合を答えていい?」
彼がまた首を縦に振る。

「私の中には妻や母親、それに子供の所もあるわよ」

(No.147完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.147-1]凸凹コンビ | トップページ | ホタル通信 No.013 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.147-2]凸凹コンビ:

« [No.147-1]凸凹コンビ | トップページ | ホタル通信 No.013 »