« [No.146-1]月を恐れぬ女 | トップページ | [No.147-1]凸凹コンビ »

[No.146-2]月を恐れぬ女

No.146-2

「そぉれならぁ、みかづきをくれてやるわぁよぉ」

酔いも手伝って、完全にオヤジ口調だ。
それに、できやしないことまで口にしている。

「ハイ、ハイ!ありが・・・とう・・・」

適当にあしらおうと思ったのに、また彼女の目が光った。
それに、ニヤリと不敵な笑みも浮かべている。

「うそぉだとぉ思ってぇるぅでしょお~?」
「もちろんよ」

それにしても彼女の酒癖がこんなに悪いとは・・・。
やはり、満月のせいなのかもしれない。

「ちょっとぉ、こっちぃきて!」
彼女が強引に私の腕を掴んで引っ張る。
「ど、どこ連れていくのよ!」
その時だった。
「おりゃぁー!」
氷った水たまりを踏んづけた。
「これでどう?」
水たまりが割れ、その何枚かを手にとった。
「・・・確かに」

氷に映りこんだ満月が三日月のように欠けて見える。
それ以来、彼女はこう呼ばれるようになった。
“月を恐れぬ女”と・・・。

(No.146完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.146-1]月を恐れぬ女 | トップページ | [No.147-1]凸凹コンビ »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.146-2]月を恐れぬ女:

« [No.146-1]月を恐れぬ女 | トップページ | [No.147-1]凸凹コンビ »