« [No.144-1]彼の傷 | トップページ | [No.145-1]出逢いは別れの始まり »

[No.144-2]彼の傷

No.144-2

「知っての通り、僕の人生はお世辞にも幸せじゃない」
「子供心に、随分傷付いたしね」

彼の瞳が遠い過去を見ている。

「でも・・・」
「そんな僕でさえ、誰かを傷付けてると思う」
「知らず知らずのうちに」

「ねぇ、今度は私が聞いていい?」
「なに?」
「どうして、そんなに強いの?」

痩せ我慢ではない・・・穏やかさの中に、強さを感じる。
本当は傷だらけのはずなのに・・・。

「強い・・・?僕が?」

彼がキョトンとした顔をした。
けど、すぐさま大笑いに変わった。

「もぉ!笑わないでよぉ!」
「ごめん、ごめん、考えてもみなかったよ」
「と・に・か・く・・・ごめんね」

もう一度、彼に謝った。

「どれがどの傷か、もう覚えてないよ・・・多すぎてね」

呼吸を整えるかのように、静かに微笑んでくれた。

(No.144完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.144-1]彼の傷 | トップページ | [No.145-1]出逢いは別れの始まり »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.144-2]彼の傷:

« [No.144-1]彼の傷 | トップページ | [No.145-1]出逢いは別れの始まり »