« ホタル通信 No.011 | トップページ | [No.144-2]彼の傷 »

[No.144-1]彼の傷

No.144-1

心は傷付きやすい。
・・・なのに知らず知らずのうちに、傷付けてしまう。

「ごめん、知らなかったの」

広く世間の話題を口にしたつもりだった。
けど、それが偶然、彼の生い立ちと重なった。
知らなかったとは言え、彼を傷付けてしまった。

「気にするなよ」

彼は笑顔で応えてくれた。
その言葉に嘘はないと思う。
ただ、想い出させてしまったことには間違いない。

「本当に大丈夫だから」

落ち込む私を見兼ねて声を掛けてくれた。

「う、うぅん・・・」
「そう落ち込むなって!」

(私が慰められてどうするのよ・・・)

今までもこんなように、傷付たことがあったかもしれない。
もちろん、私だって傷付くことはある。
その痛みだって知っている。

「・・・じゃ、ちょっと聞いてくれる?」

余りの落ち込みに、彼が何か話そうとしてくれた。

(No144-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.011 | トップページ | [No.144-2]彼の傷 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.144-1]彼の傷:

« ホタル通信 No.011 | トップページ | [No.144-2]彼の傷 »