« [No.151-2]ケース・バイ・ケース | トップページ | [No.152-1]偶然の再会 »

ホタル通信 No.015

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.93 無くならないもの
実話度:★★★☆☆(60%)

先に、結論・・・事実を書いておきますが、前半はほぼ100%実話
になり、逆に後半は創作になります。

男性達の会話で、よく耳にする話があります。
「100円ライターは無くならないのに、ちょっと値の張るライターは
知らぬ間に無くなる」・・・なんとなく、分かるような気がします。
高校卒業後、引越しは片手程度しているのですが、その度に無
くしたり、捨てたりするものがあります。掲載の通り、気付いてみ
れば、私の回りには新参者が溢れていました。
結局ブラシは意地悪じゃないにせよ、新しいのを購入する目的で
捨ててしまいました

物に心はない・・・。
科学的な立場言えば、これを否定する人は居ないと思います。
ただ、長年使ったものに、何らかの想いを持つことは良くあること
だと思います。
楽しい時、苦しい時・・・大袈裟ですが共に歩んできた仲間のよう
な感覚を持っていました。卒業後は家族の元を離れて、生活して
いましたので、それこそ「私を知るもの」は、唯一このピンクのブラ
シだったのです。そんなブラシを、ある日捨ててしまったのです。

ちょっとした後悔は、後半の創作に活かしました。
後半もブラシや「物」の話になっているように見えますが、ここでは
「者(もの)=人」を意識して書いています。
例えば友達と何らかの理由で疎遠になったり、仲直りしたいのに
言えずに居る・・・そんなイメージです。物と者をオーバーラップさせ
最後に「失くさない=失わないで」欲しい・・・と結びました。

皆さんの身の回りにも、そんな「もの」はありませんか?
触れたり、声を掛けてみたり、温もりを伝え、そして感じてください。
web拍手

| |

« [No.151-2]ケース・バイ・ケース | トップページ | [No.152-1]偶然の再会 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.015:

« [No.151-2]ケース・バイ・ケース | トップページ | [No.152-1]偶然の再会 »