« [No.149-2]それぞれのイベント | トップページ | [No.150-1]謎のオーケストラ »

ホタル通信 No.014

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.112 願い事~鈴虫寺から~
実話度:★★★☆☆(60%)

実際に鈴虫寺に行って、とあるミスをしてしまったことがきっかけ
です。その“とあるミス”から話しを進めます。

掲載の通り、ここのお地蔵様は住所を頼りに願い事を叶えに来
てくれるそうです。私もそれにならって住所を心の中で唱えたの
ですが、変に緊張し、住所を間違えると言う失態をしてしまいま
した
正確に言えば、部屋番号を唱えるのを忘れたため、建物には辿
り着いたものの、お地蔵様は迷われたと思います・・・「どの部屋
なんだろうか?」と。

サクッ!と言っちゃいますが、牽引役の彼女のお願い事は「亡く
なった彼にもう一度逢いたい」です。
その願い事は、隣に住む人へ“彼氏とヨリが戻った”と言うの形で
叶ったかのように見せています。もちろん、単なる偶然かもしれま
せん。
文末の「わざとなのか、天然なのか・・・」の部分ですが、現実の
私は“天然”でした。前述通り、なぜかしら緊張していました。
恥ずかしい話ですが、それだけ願い事が真剣だったんですぅ!
小説の彼女と同じ願い事とは言いませんが、似てると言えば似
てるのかなぁ?なんて・・・。
今、私のカードケースにそのお守りが入っています。奇跡を信じて
る訳じゃないけど、そんなことがあってもいいなと思います

鈴虫寺に行った後、家の近くでキョロキョロと、どこかを訪ねようと
している人を見かけたことがあります。坊主頭のその人・・・どこか
で見たような気もしますが・・・これは実話、それとも創作w(゚o゚)w
web拍手
A0027_001938

| |

« [No.149-2]それぞれのイベント | トップページ | [No.150-1]謎のオーケストラ »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.014:

« [No.149-2]それぞれのイベント | トップページ | [No.150-1]謎のオーケストラ »