« [No.145-2]出逢いは別れの始まり | トップページ | [No.146-1]月を恐れぬ女 »

ホタル通信 No.012

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.114 友達以上恋人未満
実話度:★☆☆☆☆(20%)

実際には、このような存在以上に微妙な関係の人が居たこと
がきっかけです。それを世間でよく言われる、友達以上・・・に
話をすり替えました。

特にシリーズにはしていませんが、格言・名言などをテーマに
した話を書くことがあります。その中でも恋愛関連は強敵だと
感じています。事実、テーマに取り上げてみたものの、いつも
の通り、結末が見えないまま話を作って行きました。

最初のイメージでは、友達以上恋人未満と言う、つかみどころ
がない部分をせつなく書くつもりだったのですが、美代のキャラ
設定が軽すぎて、それなら・・・と、コメディタッチで話を進めて、
結末を探りました。
その後、幸運にも「友達以上」を「友達未満」と打ち間違えてし
まい、今のアイデアを思い付きました
友達未満なんて、現実ではとても笑えたものではありません。
ですから、あくまでも小説の話として笑ってあげてください。

ただ、近々発表する小説に似たような話が登場します。
直接それに触れる話ではありませんが、友達未満のひとつの
答えに気付くはずでしょう。
まさか、適当に創作した小説の答えに時を越えて出逢うことに
なろうとは思いもよりませんでした
では、「No.148 初恋(仮称)」でお待ちしております。
web拍手

|

« [No.145-2]出逢いは別れの始まり | トップページ | [No.146-1]月を恐れぬ女 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.012:

« [No.145-2]出逢いは別れの始まり | トップページ | [No.146-1]月を恐れぬ女 »