« [No.142-2]人は変われる | トップページ | [No.143-2]大きなお菓子 »

[No.143-1]大きなお菓子

No.143-1 [No.07-1]せいじゅうろう

『お菓子買いに行かへん?』

菜緒からメールが入った。
断る理由もないので、とりあえず返事を出しておいた。
でも、何だろう・・・。

「バレンタインデーには早い・・・よな?」

それなら『チョコを・・・』になるはずだ。
一緒に行くのだから、隠す必要もない。

(まぁ、単純にメールの通りだろう)

そんなに悩むことでもない。
ただ、今までからすると・・・何か・・・ある、きっと。
ここはひとつ、ジャブを打っておくとしよう。

『ところで、どんなお菓子を買うの?』
『そうやな、決めてへんけど』

(・・・ほら!いつものパターンだ)

『丁度いい、サイズあったら、それにする』

(丁度いいサイズって?)

誰の?俺のぉ?・・・それとも菜緒のだろうか・・・。
ますます、いつもの展開になってきた。

『ほな、明日、東急ハンズで』

(東急ハンズ・・・??)

とどめを刺された気分だ。

(No.143-2へ続く)

| |

« [No.142-2]人は変われる | トップページ | [No.143-2]大きなお菓子 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.143-1]大きなお菓子:

« [No.142-2]人は変われる | トップページ | [No.143-2]大きなお菓子 »