« [No.142-1]人は変われる | トップページ | [No.143-1]大きなお菓子 »

[No.142-2]人は変われる

No.142-2

それからと言うもの、直(ナオ)は意識し始めた。
でも、行動を変えただけでは、変わったことにはならない。
直もそれに気付いていた。

人は、そう簡単には変われない。
それでも、変わろうと必死になって生きている。

そんな時だった。

「私って変わった?」

直が改めて僕に問い掛けて来た。

「前と変わらない・・・」

うそは付けない。

「・・・簡単には変われない、ってことね」
「違うよ」
「違う?」

直にとっては矛盾した答えになるはずだ。
(でも、違うんだ)
「直を見ていると、僕が変わった・・・変われたんだ」

そうしたら、直が別人に見えた。

「変わらなきゃいけないのは、僕らなのかもしれない」

(No.142完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.142-1]人は変われる | トップページ | [No.143-1]大きなお菓子 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.142-2]人は変われる:

« [No.142-1]人は変われる | トップページ | [No.143-1]大きなお菓子 »