« [No.141-1]男女の友情 | トップページ | ホタル通信 No.010 »

[No.141-2]男女の友情

No.141-2

「女性は少なくともそう思っている・・・“存在する”とね」
「女性は・・・?」

智久が重要な部分に気付いた。

「・・・じゃ、男性はどうなんだよ?」
「存在しないと思ってるでしょ?本当は智久も」

友達、恋人、結婚相手・・・女性はそれぞれに境界線が引ける。
大好きなアイドルが居ても、それはそんな存在でしかない。
結婚しようとか、したいとか・・・飛躍はしない。

「男性は違うでしょ?」
「そ、そう言われると・・・否定できないな」

一方、男性にその境界線はない。
好きなアイドルイコール「結婚したい!」と思うことも少ないはずだ。

「女性から見れば友情は成立する」
「男性から見れば成立しない・・・か」

智久も妙に納得した表情だ。

「がっかりした?」
「・・・かもな」
「でも、男女の友情を壊すのは男性ってことでしょ?」

友情が壊れたら、恋人に発展することだってある。
「だから、勇気を出してよ」

(No.141完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.141-1]男女の友情 | トップページ | ホタル通信 No.010 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.141-2]男女の友情:

« [No.141-1]男女の友情 | トップページ | ホタル通信 No.010 »