« [No.140-2]誰をダマしたの? | トップページ | [No.141-2]男女の友情 »

[No.141-1]男女の友情

No.141

「智久はどう思う?」

“男女に友情は存在するか”
とあるテレビ番組で、タレント達がトークを繰り広げていた。

「存在しないんじゃない?」

智久があっさり答えた。

「・・・いや、その、あれだ・・・」

答えた途端、急にあたふたし始めた。
理由は想像が付く。

「私に気をつかったんでしょ?」

智久と私は幼なじみだ。
大学に進学した後も、友達として頻繁に逢っている。
“存在しない”は、ある意味問題発言だ。
私のことを“女”として見ていることになるからだ。

「一般論としてだよ、俺の意見じゃない」
「それより、おまえはどうなんだよ?」
「私?」

(智久には悪いけど・・・)

「存在すると思うけどな」

丁度、テレビでは“存在しない”と結論付けられていた。

(No.141-2へ続く)

|

« [No.140-2]誰をダマしたの? | トップページ | [No.141-2]男女の友情 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.141-1]男女の友情:

« [No.140-2]誰をダマしたの? | トップページ | [No.141-2]男女の友情 »