« [No.139-1]今年のバレンタイン | トップページ | ホタル通信 No.009 »

[No.139-2]今年のバレンタイン

No.139-2

彼にそのことは話していた。

『ごめんね』
『さすがに、そんな気分には、なれないだろ?』

彼の気遣いが嬉しかった。
本当なら変な意味ではなく、喜んでもらえたかもしれない。
純粋に喜ぶ顔が見たかった。

『言わなきゃわかんないのに』

(そうだよね・・・)

あえて言ってしまえば気まずくなる。
言わなければ、もっと気まずくなると思った。
でも、言って良かった。
彼なら分かってくれる・・・そんな自信もあった。

(・・・そうだ!)

実物は渡せないけどこれなら・・・。
急いで、チョコを写メした。

『おっ!美味しそうじゃないか』

すぐに彼から返事が届いた。

『今年はこれで』
『ありがとう!逆に助かったかも』

(・・・助かった?)

『今、ダイエット中なんだよ』
『でも、続かないから、来年は多分、大丈夫だと思うよ』

来年のバレンタイン・・・。
もしかしたら、本命として渡すことになりそうだ。

A0850_000097

(No.139完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

|

« [No.139-1]今年のバレンタイン | トップページ | ホタル通信 No.009 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.139-2]今年のバレンタイン:

« [No.139-1]今年のバレンタイン | トップページ | ホタル通信 No.009 »