« [No.138-1]心を込めて | トップページ | [No.139-1]今年のバレンタイン »

[No.138-2]心を込めて

No.138-2

“聞く”よりも“聴く”の方が、相手に対する印象が良い。
辞書的に“聴く”は身を入れてきくからだ。

「そりゃ、“聴く”の方でしょう!」

口にすればどちらも同じなのに、文字にすると違いが出る。

メールでは伝わらない。
だから、電話しましょう・・・。
世間では、そんなことがささやかれていたこともあった。

「おもう・・・と言う言葉もそうね」
「“思う”と“想う”ね!」
「あたたを“想って”います・・・って書かれたら・・・」
「グッ、と来ない?」
「好きでもない人なら、逆に『妄想はやめて!』ってなるよ」

良くも悪くも、“想う”の方がなんとなく重みがある。

「逆に、言葉で伝えるほうが大変よね」

思いではなく、想いをどう伝えたら良いのか・・・。

「それは今後の課題と言うことで!」

私たちには、今の所必要ない問題だ。

「それより、今の課題の方が・・・」
「話しの流れからすると、もしかしてアレ?」
「うん、そうね“淋しい”と・・・」
「・・・寂しい?」

男っ気のない私たちは、いったいどっちなんだろうか。

(No.138完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.138-1]心を込めて | トップページ | [No.139-1]今年のバレンタイン »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.138-2]心を込めて:

« [No.138-1]心を込めて | トップページ | [No.139-1]今年のバレンタイン »