« ホタル通信 No.008 | トップページ | [No.138-2]心を込めて »

[No.138-1]心を込めて

No.138-1

使う漢字にその人の心が見える。
もちろん、その意味を分かった上での話だ。

「ねぇ、この場合、どっち?」

友人がケータイの画面を見せ、ある部分を指差した。

(・・・話しを“きく”こと・・・)

「何よ、これ?」

彼女が答える前に、もう少し前後を読んでみた。
内容からすると、相手は男性らしい。

「これ?好きになった人よ」

何のためらいもなく、友人が答える。
(そ、そうなんだ・・・)

「もしかして、本気にした?」
「嘘なの!?」
「嘘じゃないけど・・・」

真相が分かれば話が早い。
昨日、ある人の講演会に行って、感動したらしい。

「早い話、ファンレターのようなもの?」
「そうね、そんな感じ」
「で、話しを戻していい?」

(脱線させたのはあなたよ!)

「この場合は、“聞く”それとも“聴く”なのかな?」

(No.138-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.008 | トップページ | [No.138-2]心を込めて »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.138-1]心を込めて:

« ホタル通信 No.008 | トップページ | [No.138-2]心を込めて »