« [No.137-1]熱いコーヒー | トップページ | ホタル通信 No.008 »

[No.137-2]熱いコーヒー

No.137-2

「あれ?上手になったじゃない」

いつもの店で、いつものコーヒーを飲んでいる。

「まあね」

前よりも慎重に飲むようになった。
私だって学習はする。

「な、なによ・・・その顔」

園子が何か言いたそうな顔をしている。

「良かったってことよ」
「何が・・・良かったのよ?」

(さっきから、何が言いたいのかな?)

「ヤケドしなくて良かったってことよ」
「それだけ?」
「それだけよ」

当たり前の話だけど、なんとなくスッキリしない。

「じゃ、また来週ね」
「そうね、ヤケドに注意するんだよ」

園子がくどいほど私に忠告してくれた意味が分かった。
私はヤケドしやすい体質らしい。
それも恋のヤケドを・・・。

(No.137完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.137-1]熱いコーヒー | トップページ | ホタル通信 No.008 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.137-2]熱いコーヒー:

« [No.137-1]熱いコーヒー | トップページ | ホタル通信 No.008 »