« [No.136-2]太陽とクシャミ | トップページ | [No.137-2]熱いコーヒー »

[No.137-1]熱いコーヒー

No.137-1

「熱っ!」
「そりゃ、熱いわよ」

口の中に広がる熱さとは対照的に、冷めたセリフだった。

フタ付きのカップのそのフタには、小さい穴が開いている。
その穴から、おちょぼ口で飲むような格好になる。

「昭和のオーラを感じるんだけど、気のせい?」

いつまでたっても飲み慣れない。

「こうやって飲むのよ」

園子が手本を見せる。

「子供じゃないんだから・・・」

強く否定できないところが微妙だ。
普通のコーヒーカップなら、口の中に入る前に気付く。
唇が先にコーヒーの熱さを感じるからだ。
そこから慎重に飲めばいい。

「ヤケドしなかった?」
「大丈夫みたい」
「気をつけてよ、ヤケドしやすいんだから」
「・・・あ、うん・・・」

(ヤケドしやすい体質ってあるのかな?)

この時は園子の言葉の意味が分からずにいた。

(No.137-2へ続く)

|

« [No.136-2]太陽とクシャミ | トップページ | [No.137-2]熱いコーヒー »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.137-1]熱いコーヒー:

« [No.136-2]太陽とクシャミ | トップページ | [No.137-2]熱いコーヒー »