« ホタル通信 No.007 | トップページ | [No.136-2]太陽とクシャミ »

[No.136-1]太陽とクシャミ

No.136-1

ネット社会は一風変わった人の繋がりを演出する。

「それって、どこの寓話(ぐうわ)?」

千夏(ちなつ)が不思議そうな顔をした。

「北風と太陽の別バージョン?」

聞き方が現代っ子ぽい。

「ごめん!全然関係ない」

太陽とクシャミ・・・。

何のことはない・・・わたしは太陽を直視するとクシャミが出る。
特異体質だと思っていた、この瞬間までは・・・。

「そうでもないよ」
「・・・そ、そうなの!?」

あえて自分から話すことはなかった。
少なくとも、それがスタンダードではないからだ。
それがあっさり否定された。

「友達にも居るよ、そんな人」
(ひとり発見?)
「ネットで調べてみたら?」
千夏と別れた後、大急ぎで調べてみた。

「うそ・・・スタンダードじゃない」
それどころか・・・。
「なによ・・・くしゃみ同盟って?」

ひとりどころか、大勢いるらしい。

(No.136-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.007 | トップページ | [No.136-2]太陽とクシャミ »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.136-1]太陽とクシャミ:

« ホタル通信 No.007 | トップページ | [No.136-2]太陽とクシャミ »