« [No.143-2]大きなお菓子 | トップページ | [No.144-1]彼の傷 »

ホタル通信 No.011

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.81 風を感じて
実話度:☆☆☆☆☆(0%)

今でもたまに書くタイプの小説です。あるテーマを題材にする
時に、そのとっかかりを間接的に書くことがあります。

この話は結末を先に書き、そこに色付けしていきました。タイ
トル通り“風を感じて”書いたので実話とも言えるのですが、
そこから広がる話は完全に創作です。
風をテーマにしたのなら風が特徴的な場所・・・とにかく室外が
基本になりそうですが、意外な場所からスタートさせました。

風を感じて・・・。
感じて終るのではなく、「この風はどこから来たの?」「誰かの
ために風を起こそう!」と。
誰かが誰かのために・・・そんな想いで書いたはずなのに本当
は自分自身に向けた想いだったのかもしれません。
いきなり風そのものから書き始めると、ストレートすぎるので、
一旦「絵」で含みを持たせて、そのモヤモヤ感を後半一気に放
出させました。

季節を通して、風は吹く。そして今日も風は吹いていました。
web拍手
A0726_000140_2

| |

« [No.143-2]大きなお菓子 | トップページ | [No.144-1]彼の傷 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.011:

« [No.143-2]大きなお菓子 | トップページ | [No.144-1]彼の傷 »