« [No.141-2]男女の友情 | トップページ | [No.142-1]人は変われる »

ホタル通信 No.010

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.69 カウンターパンチ
実話度:★★☆☆☆(40%)

小説のヒントとなったものは、実はボクシングではありません。

冒頭の会話のように実際、飲み会の席があり、昔話に花が咲
いた事実を切り取ってみました。昔話の内容は事実とは相違が
あります。
入社当時はまだ学生の延長線上にいますので、語られる話も
恋バナを中心として、ボクシング風に展開させてみました。
結末に関しては完全にノーアイデアで、ラウンドを進めて行くう
ちに、実は作者がどんどん追い詰められていきました

そんな時、「ここだけの話だけど」とか「実は当時ね・・・」などの
「今だから言える話」で話が展開して行くことを思い出し、結末
を決めないまま、書き続けました
その結果、ちょっとブラックジョーク的な結末で話を終らせること
ができそうになり、それを改めてボクシング的にまとめてみまし
た。カウンターパンチは必然的に繰り出されたパンチです。
そこで、もう一度全体のレイアウトを変更し、それらしい色を濃く
してみました。

通常、タイトルは早く決まることが多いなかで、この話は最後の
一文を書き終えるまで、決まりませんでした。
ただ、書き終えた瞬間「これしかない!」とも思えるほど、内容と
タイトルが調和できたかな?と、手前味噌ですが感じています。
冬のホタルでは実話をヒントにして、創作を織り交ぜた、ハイブ
リッドな小説が特長です。
でも、小説になりそうな派手な実話よりも、何気ない会話にこそ
小説のヒントがあると思っています。

web拍手

A0001_001237

| |

« [No.141-2]男女の友情 | トップページ | [No.142-1]人は変われる »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.010:

« [No.141-2]男女の友情 | トップページ | [No.142-1]人は変われる »