« [No.139-2]今年のバレンタイン | トップページ | [No.140-1]誰をダマしたの? »

ホタル通信 No.009

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.18 無難なお土産
実話度:★★★★★(100%)

小説にはならないような話を小説化してしまう・・・冬のホタル
の醍醐味のような作品です。

ちくわをお土産に貰ったことはありますか

お土産を渡す相手にもよりますが、まず、ちくわ自体がその
土地の名産でもない限り「なんで、ちくわなの?」と疑問が先
に湧いてくると思います。
登場する男性は「ちくわ好き」なので、結果オーライになって
いますが、普通はちょっと驚くと思います。
でも、適当に選んでいない・・・そんな気持ちが伝わればどん
なお土産でも嬉しいものです。麻奈がなぜ、ちくわを選んだの
か・・・もしかしたら、今までの会話の中で、知っていたのかも
知れませんよね

単にちくわを貰っただけなら、多分、小説にしなかったと思い
ます。
タイトルの通り、「無難なお土産」として貰ったことが、ポイント
になっています。大阪弁調で言えば「どこが無難やねん!」と
一斉に突っ込まれそうです。
麻奈は別にウケを狙ったわけではなく、純粋に選んでくれまし
た。何がそれを選ばせたのか分からないものの、彼女にとって
はそれが無難だと思ったのでしょう・・・そこが笑える所であり、
その純粋さが胸に響いてきます。
ただ、真夏のちくわ・・・食べるのに勇気が必要ですね。

お土産選びはセンスが問われる・・・冒頭に書いたとおりです。
あなたは枚数それとも値段・・・それとも話題性でお土産を選び
ますか?
その前に私はどうかって・・・?
もちろん「無難なお土産」を選びますよ。無難な・・・ね

web拍手

| |

« [No.139-2]今年のバレンタイン | トップページ | [No.140-1]誰をダマしたの? »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.009:

« [No.139-2]今年のバレンタイン | トップページ | [No.140-1]誰をダマしたの? »