« [No.137-2]熱いコーヒー | トップページ | [No.138-1]心を込めて »

ホタル通信 No.008

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.26 Y
実話度:☆☆☆☆☆(0%)

アルファベットの「Y」を見て思いついた小説です。「Aならどう
なんだ!」と言われると・・・

文章も時系列の表現の仕方も、まだまだ未熟な時でしたので
手前味噌ですが、結末だけが唯一の救いかと思います。

皆さんは「Y」を見た時、分かれ道を想像しますか?それとも
出逢う道を想像しますか?
分かれ道をイメージしたからネガティブだとか、そんなことは
ありません。別々の道を進んで行くことが、新しい出発でもあ
るからです。
逆に、出逢う道をイメージしたからといって、その先にあるもの
までポジティブとも言えません。
「出逢わなければ良かった・・・」なんて、ちょっとアダルティな
ことが待ち構えていることもあるでしょう。
この小説では結果的に「出逢う道」をポジティブと位置付けて
いますが、それは牽引役である「私(女性)」がそう想っている
のに過ぎません。そして、彼も同じ答えを出した・・・ただそれ
だけです。それに、実はこの話にはもうひとつ隠れた想いが
あるのです

この小説は二人の会話で話が進みます。
それもあって、出逢ったり、別れたり・・・少なくとも二人を基準
にして考えています。
これが、ひとりなら分かれ道を目にした時、「どちらに進むべき
か」と悩むと思います。ひとりなら運命の分かれ道・・・と言うこ
とになり、見方が変わります。

たかが「Y」、されど「Y」・・・なんです

そう、そう!最後にもうひとつ。先ほど「どちらに進むべきか」で
悩むと書きましたが、よ~く見て下さい。
見方を変えれば、仮にどちらかに進んだとしても、一本の道に
また戻ってきますよ。

| |

« [No.137-2]熱いコーヒー | トップページ | [No.138-1]心を込めて »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.008:

« [No.137-2]熱いコーヒー | トップページ | [No.138-1]心を込めて »