« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ホタル通信 No.011

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.81 風を感じて
実話度:☆☆☆☆☆(0%)

今でもたまに書くタイプの小説です。あるテーマを題材にする
時に、そのとっかかりを間接的に書くことがあります。

この話は結末を先に書き、そこに色付けしていきました。タイ
トル通り“風を感じて”書いたので実話とも言えるのですが、
そこから広がる話は完全に創作です。
風をテーマにしたのなら風が特徴的な場所・・・とにかく室外が
基本になりそうですが、意外な場所からスタートさせました。

風を感じて・・・。
感じて終るのではなく、「この風はどこから来たの?」「誰かの
ために風を起こそう!」と。
誰かが誰かのために・・・そんな想いで書いたはずなのに本当
は自分自身に向けた想いだったのかもしれません。
いきなり風そのものから書き始めると、ストレートすぎるので、
一旦「絵」で含みを持たせて、そのモヤモヤ感を後半一気に放
出させました。

季節を通して、風は吹く。そして今日も風は吹いていました。
web拍手
A0726_000140_2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.143-2]大きなお菓子

No.143-2

「へぇ~、ハンズってお菓子売ってたんだ」

店舗や時期によっても違うだろうが、確かに売っている。
よく見れば、見覚えのある駄菓子ばかりだ。

「懐かしいな、よく食べてたよ!菜緒はどうだっ・・・?」

(あれ?居ない・・・あぁ!)

エスカレータで上がって行く菜緒の姿がチラッと見えた。
慌てて菜緒の後を追った。

「ハァハァ・・・お菓子は1階だよ?」
「そのお菓子と違うねん、これ見てん!」

菜緒が商品の棚を指差す。
(・・・あぁ、なるほどね・・・)
そこには本物そっくりの、おもちゃのお菓子が飾ってあった。
大きさは本物よりも少し小さいようだ。

「で、部屋に飾るの?」
「食べるんよ」
「な~んだ、食べるんだぁあぁ!?」

冗談とは言え、声が上ずってしまった。

「もちろん、うちは食べへんけどな」
(・・・と言うことは)
「もしかして、俺が食・・・」
「せいじゅうろう達に決まってるやろ」
「だよなぁ~!」

俺たちには小さくても、彼らには大きいお菓子。
いや・・・大きすぎるかもな。

(No.143完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.143-1]大きなお菓子

No.143-1 [No.07-1]せいじゅうろう

『お菓子買いに行かへん?』

菜緒からメールが入った。
断る理由もないので、とりあえず返事を出しておいた。
でも、何だろう・・・。

「バレンタインデーには早い・・・よな?」

それなら『チョコを・・・』になるはずだ。
一緒に行くのだから、隠す必要もない。

(まぁ、単純にメールの通りだろう)

そんなに悩むことでもない。
ただ、今までからすると・・・何か・・・ある、きっと。
ここはひとつ、ジャブを打っておくとしよう。

『ところで、どんなお菓子を買うの?』
『そうやな、決めてへんけど』

(・・・ほら!いつものパターンだ)

『丁度いい、サイズあったら、それにする』

(丁度いいサイズって?)

誰の?俺のぉ?・・・それとも菜緒のだろうか・・・。
ますます、いつもの展開になってきた。

『ほな、明日、東急ハンズで』

(東急ハンズ・・・??)

とどめを刺された気分だ。

(No.143-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.142-2]人は変われる

No.142-2

それからと言うもの、直(ナオ)は意識し始めた。
でも、行動を変えただけでは、変わったことにはならない。
直もそれに気付いていた。

人は、そう簡単には変われない。
それでも、変わろうと必死になって生きている。

そんな時だった。

「私って変わった?」

直が改めて僕に問い掛けて来た。

「前と変わらない・・・」

うそは付けない。

「・・・簡単には変われない、ってことね」
「違うよ」
「違う?」

直にとっては矛盾した答えになるはずだ。
(でも、違うんだ)
「直を見ていると、僕が変わった・・・変われたんだ」

そうしたら、直が別人に見えた。

「変わらなきゃいけないのは、僕らなのかもしれない」

(No.142完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.142-1]人は変われる

No.142-1

「顔に何か付いてるの・・・?」

直(ナオ)が、怪訝そうな顔をする。

「あっ!ごめん、違うんだ・・・」

目の前で、はしゃぐ直を、マジマジと見つめてしまった。
昔に比べると、彼女は随分と変わった。

そう・・・あの頃に比べると・・・。

「人って変われるのかな?」

直が真剣な眼差しで、僕に話しかけてきた。
“変われる”と言うより“変わりたい”のだろう。

「変われると思う・・・難しいけどな」

理想を話しても仕方がない。
直もそんな答えは期待していないはずだ。

「そうね、すぐ変われたらこんなに苦労しないよね」

笑顔がやけに痛々しく感じる。

「でも、意識することから始まるよ」
「うん!そうしてみる」

人は変われる・・・結末は意外な方向へ進んだ。

(No.142-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.010

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.69 カウンターパンチ
実話度:★★☆☆☆(40%)

小説のヒントとなったものは、実はボクシングではありません。

冒頭の会話のように実際、飲み会の席があり、昔話に花が咲
いた事実を切り取ってみました。昔話の内容は事実とは相違が
あります。
入社当時はまだ学生の延長線上にいますので、語られる話も
恋バナを中心として、ボクシング風に展開させてみました。
結末に関しては完全にノーアイデアで、ラウンドを進めて行くう
ちに、実は作者がどんどん追い詰められていきました

そんな時、「ここだけの話だけど」とか「実は当時ね・・・」などの
「今だから言える話」で話が展開して行くことを思い出し、結末
を決めないまま、書き続けました
その結果、ちょっとブラックジョーク的な結末で話を終らせること
ができそうになり、それを改めてボクシング的にまとめてみまし
た。カウンターパンチは必然的に繰り出されたパンチです。
そこで、もう一度全体のレイアウトを変更し、それらしい色を濃く
してみました。

通常、タイトルは早く決まることが多いなかで、この話は最後の
一文を書き終えるまで、決まりませんでした。
ただ、書き終えた瞬間「これしかない!」とも思えるほど、内容と
タイトルが調和できたかな?と、手前味噌ですが感じています。
冬のホタルでは実話をヒントにして、創作を織り交ぜた、ハイブ
リッドな小説が特長です。
でも、小説になりそうな派手な実話よりも、何気ない会話にこそ
小説のヒントがあると思っています。

web拍手

A0001_001237

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.141-2]男女の友情

No.141-2

「女性は少なくともそう思っている・・・“存在する”とね」
「女性は・・・?」

智久が重要な部分に気付いた。

「・・・じゃ、男性はどうなんだよ?」
「存在しないと思ってるでしょ?本当は智久も」

友達、恋人、結婚相手・・・女性はそれぞれに境界線が引ける。
大好きなアイドルが居ても、それはそんな存在でしかない。
結婚しようとか、したいとか・・・飛躍はしない。

「男性は違うでしょ?」
「そ、そう言われると・・・否定できないな」

一方、男性にその境界線はない。
好きなアイドルイコール「結婚したい!」と思うことも少ないはずだ。

「女性から見れば友情は成立する」
「男性から見れば成立しない・・・か」

智久も妙に納得した表情だ。

「がっかりした?」
「・・・かもな」
「でも、男女の友情を壊すのは男性ってことでしょ?」

友情が壊れたら、恋人に発展することだってある。
「だから、勇気を出してよ」

(No.141完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.141-1]男女の友情

No.141

「智久はどう思う?」

“男女に友情は存在するか”
とあるテレビ番組で、タレント達がトークを繰り広げていた。

「存在しないんじゃない?」

智久があっさり答えた。

「・・・いや、その、あれだ・・・」

答えた途端、急にあたふたし始めた。
理由は想像が付く。

「私に気をつかったんでしょ?」

智久と私は幼なじみだ。
大学に進学した後も、友達として頻繁に逢っている。
“存在しない”は、ある意味問題発言だ。
私のことを“女”として見ていることになるからだ。

「一般論としてだよ、俺の意見じゃない」
「それより、おまえはどうなんだよ?」
「私?」

(智久には悪いけど・・・)

「存在すると思うけどな」

丁度、テレビでは“存在しない”と結論付けられていた。

(No.141-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.140-2]誰をダマしたの?

No.140-2

美代がある話をしてくれた。
テレビドラマは自分がモチーフじゃない限り、他人の話だ。
でも“あいつ”は、他人と自分の区別が付かないと言う。

「あいつ?」
「そう!あ・い・つ」

(誰・・・あいつって?)

「失恋して泣いたらスッキリしたよね?」
「もぉ!ダメ押ししないでよ」
「じゃ、ドラマで他人の失恋シーンを見たらどう?」

最近、丁度そのようなドラマを見た。
自分と重なったこともあって、思い切り泣けた。

「スッキリ・・・した・・・けど」
「それ、騙してるんだよ」
「騙している?」

話が見えない。

あいつ・・・騙している・・・なんのことだろう。
ドラマの役者にでも騙されていると言いたいのだろうか?

「スッキリしたければ、涙を流す・・・」

美代が核心を話し始めた。

「他人の話でもスッキリするのは“あいつ”を騙してるから」
「だから、誰・・・“あいつ”って?」
「ここよ・・・」

美代が自分の頭を指差した。

「頭・・・脳ってこと?」

半信半疑だったが、気になり調べてみた。
事実、脳は他人と自分の経験の区別はつきにくいらしい。

(No.140完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ  web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.140-1]誰をダマしたの?

No.140-1

『なんでかな?涙を流すとスッキリするよね』
とある女子高生のセリフだった。
(・・・なんでだろう?)
心の中でそれに反応した。
そのセリフを最後に、映画は終了した。

「涙を流すとスッキリするよね!」

美代が映画と同じセリフを言った。

(そうなんだけど・・・)

今まで何度も経験している。
でも、今回ばかりは経験が物を言わない。

「じゃ、ちょっと失礼して」

美代が突然、変顔を披露し始めた。

「プっ!ちょ、ちょっとやめてよぉー」

笑いのツボに入ってしまったせいで、笑いが止まらない。
笑いすぎて涙まで出てきてしまった。

「どう?スッキリした」
「したけど・・・それより」
「それより?」
「顔、気持ち悪い!」

美代には冗談で返したが、確かにスッキリする。

「悲しい涙ならどうなのかな」
「それなら、1年前はどうだったのよ?」

(1年前・・・!?)

「まぁ、ねぇ・・・スッキリしたけど」

今度は悲しみのツボを突かれた。
彼と別れた時、大泣きしたことを知っているからだ。

「ねぇ、知ってる?こんな話・・・」

(No.140-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.009

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.18 無難なお土産
実話度:★★★★★(100%)

小説にはならないような話を小説化してしまう・・・冬のホタル
の醍醐味のような作品です。

ちくわをお土産に貰ったことはありますか

お土産を渡す相手にもよりますが、まず、ちくわ自体がその
土地の名産でもない限り「なんで、ちくわなの?」と疑問が先
に湧いてくると思います。
登場する男性は「ちくわ好き」なので、結果オーライになって
いますが、普通はちょっと驚くと思います。
でも、適当に選んでいない・・・そんな気持ちが伝わればどん
なお土産でも嬉しいものです。麻奈がなぜ、ちくわを選んだの
か・・・もしかしたら、今までの会話の中で、知っていたのかも
知れませんよね

単にちくわを貰っただけなら、多分、小説にしなかったと思い
ます。
タイトルの通り、「無難なお土産」として貰ったことが、ポイント
になっています。大阪弁調で言えば「どこが無難やねん!」と
一斉に突っ込まれそうです。
麻奈は別にウケを狙ったわけではなく、純粋に選んでくれまし
た。何がそれを選ばせたのか分からないものの、彼女にとって
はそれが無難だと思ったのでしょう・・・そこが笑える所であり、
その純粋さが胸に響いてきます。
ただ、真夏のちくわ・・・食べるのに勇気が必要ですね。

お土産選びはセンスが問われる・・・冒頭に書いたとおりです。
あなたは枚数それとも値段・・・それとも話題性でお土産を選び
ますか?
その前に私はどうかって・・・?
もちろん「無難なお土産」を選びますよ。無難な・・・ね

web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.139-2]今年のバレンタイン

No.139-2

彼にそのことは話していた。

『ごめんね』
『さすがに、そんな気分には、なれないだろ?』

彼の気遣いが嬉しかった。
本当なら変な意味ではなく、喜んでもらえたかもしれない。
純粋に喜ぶ顔が見たかった。

『言わなきゃわかんないのに』

(そうだよね・・・)

あえて言ってしまえば気まずくなる。
言わなければ、もっと気まずくなると思った。
でも、言って良かった。
彼なら分かってくれる・・・そんな自信もあった。

(・・・そうだ!)

実物は渡せないけどこれなら・・・。
急いで、チョコを写メした。

『おっ!美味しそうじゃないか』

すぐに彼から返事が届いた。

『今年はこれで』
『ありがとう!逆に助かったかも』

(・・・助かった?)

『今、ダイエット中なんだよ』
『でも、続かないから、来年は多分、大丈夫だと思うよ』

来年のバレンタイン・・・。
もしかしたら、本命として渡すことになりそうだ。

A0850_000097

(No.139完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.139-1]今年のバレンタイン

No.139-1

『ごめんなさい』

ある男性社員にメールを送った。

日頃から何かと相談に乗ってくれる会社の先輩だ。
それ以上でもそれ以下でもない。

「多分、意味分かんないだろうなぁ・・・」

そう思いながらも、こう書かずにはいられなかった。
案の定、彼から返信があった。

『思い当たるふしがないけど・・・何かあった?』

2月14日・・・バレンタインデー。
義理以上、本命以下のチョコを渡す予定でいた。
彼は貰えることは知らない。
なぜなら、今回が初めてだからだ。
だから、本当は謝る必要はない。
逆に謝ったほうが余計に話しをややこしくするだけだ。

『バレンタインのチョコ、渡せないの』
『ごめん・・・事態を把握できていない』

無理も無い。
渡す約束はしてないし、そんな素振りも見せていなかった。

『チョコ、渡すつもりでいたの』

今までより少し間を置いてから返信があった。

『そっか・・・ありがとう』

今でも事態を飲み込めていないと思う。
それなのに、返信する言葉を選んでくれたんだろう。

数日前、知り合いに不幸があった。
だから、バレンタインに浮かれることができなかった。

(No.139-2へ続く)

web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.138-2]心を込めて

No.138-2

“聞く”よりも“聴く”の方が、相手に対する印象が良い。
辞書的に“聴く”は身を入れてきくからだ。

「そりゃ、“聴く”の方でしょう!」

口にすればどちらも同じなのに、文字にすると違いが出る。

メールでは伝わらない。
だから、電話しましょう・・・。
世間では、そんなことがささやかれていたこともあった。

「おもう・・・と言う言葉もそうね」
「“思う”と“想う”ね!」
「あたたを“想って”います・・・って書かれたら・・・」
「グッ、と来ない?」
「好きでもない人なら、逆に『妄想はやめて!』ってなるよ」

良くも悪くも、“想う”の方がなんとなく重みがある。

「逆に、言葉で伝えるほうが大変よね」

思いではなく、想いをどう伝えたら良いのか・・・。

「それは今後の課題と言うことで!」

私たちには、今の所必要ない問題だ。

「それより、今の課題の方が・・・」
「話しの流れからすると、もしかしてアレ?」
「うん、そうね“淋しい”と・・・」
「・・・寂しい?」

男っ気のない私たちは、いったいどっちなんだろうか。

(No.138完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.138-1]心を込めて

No.138-1

使う漢字にその人の心が見える。
もちろん、その意味を分かった上での話だ。

「ねぇ、この場合、どっち?」

友人がケータイの画面を見せ、ある部分を指差した。

(・・・話しを“きく”こと・・・)

「何よ、これ?」

彼女が答える前に、もう少し前後を読んでみた。
内容からすると、相手は男性らしい。

「これ?好きになった人よ」

何のためらいもなく、友人が答える。
(そ、そうなんだ・・・)

「もしかして、本気にした?」
「嘘なの!?」
「嘘じゃないけど・・・」

真相が分かれば話が早い。
昨日、ある人の講演会に行って、感動したらしい。

「早い話、ファンレターのようなもの?」
「そうね、そんな感じ」
「で、話しを戻していい?」

(脱線させたのはあなたよ!)

「この場合は、“聞く”それとも“聴く”なのかな?」

(No.138-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.008

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.26 Y
実話度:☆☆☆☆☆(0%)

アルファベットの「Y」を見て思いついた小説です。「Aならどう
なんだ!」と言われると・・・

文章も時系列の表現の仕方も、まだまだ未熟な時でしたので
手前味噌ですが、結末だけが唯一の救いかと思います。

皆さんは「Y」を見た時、分かれ道を想像しますか?それとも
出逢う道を想像しますか?
分かれ道をイメージしたからネガティブだとか、そんなことは
ありません。別々の道を進んで行くことが、新しい出発でもあ
るからです。
逆に、出逢う道をイメージしたからといって、その先にあるもの
までポジティブとも言えません。
「出逢わなければ良かった・・・」なんて、ちょっとアダルティな
ことが待ち構えていることもあるでしょう。
この小説では結果的に「出逢う道」をポジティブと位置付けて
いますが、それは牽引役である「私(女性)」がそう想っている
のに過ぎません。そして、彼も同じ答えを出した・・・ただそれ
だけです。それに、実はこの話にはもうひとつ隠れた想いが
あるのです

この小説は二人の会話で話が進みます。
それもあって、出逢ったり、別れたり・・・少なくとも二人を基準
にして考えています。
これが、ひとりなら分かれ道を目にした時、「どちらに進むべき
か」と悩むと思います。ひとりなら運命の分かれ道・・・と言うこ
とになり、見方が変わります。

たかが「Y」、されど「Y」・・・なんです

そう、そう!最後にもうひとつ。先ほど「どちらに進むべきか」で
悩むと書きましたが、よ~く見て下さい。
見方を変えれば、仮にどちらかに進んだとしても、一本の道に
また戻ってきますよ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.137-2]熱いコーヒー

No.137-2

「あれ?上手になったじゃない」

いつもの店で、いつものコーヒーを飲んでいる。

「まあね」

前よりも慎重に飲むようになった。
私だって学習はする。

「な、なによ・・・その顔」

園子が何か言いたそうな顔をしている。

「良かったってことよ」
「何が・・・良かったのよ?」

(さっきから、何が言いたいのかな?)

「ヤケドしなくて良かったってことよ」
「それだけ?」
「それだけよ」

当たり前の話だけど、なんとなくスッキリしない。

「じゃ、また来週ね」
「そうね、ヤケドに注意するんだよ」

園子がくどいほど私に忠告してくれた意味が分かった。
私はヤケドしやすい体質らしい。
それも恋のヤケドを・・・。

(No.137完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.137-1]熱いコーヒー

No.137-1

「熱っ!」
「そりゃ、熱いわよ」

口の中に広がる熱さとは対照的に、冷めたセリフだった。

フタ付きのカップのそのフタには、小さい穴が開いている。
その穴から、おちょぼ口で飲むような格好になる。

「昭和のオーラを感じるんだけど、気のせい?」

いつまでたっても飲み慣れない。

「こうやって飲むのよ」

園子が手本を見せる。

「子供じゃないんだから・・・」

強く否定できないところが微妙だ。
普通のコーヒーカップなら、口の中に入る前に気付く。
唇が先にコーヒーの熱さを感じるからだ。
そこから慎重に飲めばいい。

「ヤケドしなかった?」
「大丈夫みたい」
「気をつけてよ、ヤケドしやすいんだから」
「・・・あ、うん・・・」

(ヤケドしやすい体質ってあるのかな?)

この時は園子の言葉の意味が分からずにいた。

(No.137-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.136-2]太陽とクシャミ

No.136-2

悲劇のヒロイン・・・そんな気分でもいた。
それが一夜にして、普通の人に変わった。

「ホッとしたような、残念なような・・・」

複雑な心境だ。
特異体質は、“得意”体質でもある。
得意げに話せる機会もあると思っていたのに・・・。

「私もそうなんだよ」
「くしゃみ同盟?」
「ちがうよー!」

千夏が照れる様子もなく、話始めた。

「本屋?トイレ?」
「うん、行きたくなるの、それも大きい方」
「・・・」

私以上に、“得意”体質になれそうな話だ。
(羨ましい・・・じゃなくて!)

「それは大変・・・」
「そうでもないよ」

意外なほど千夏が冷静だ。
(・・・ってことは・・・)

「・・・居るの大勢?」
「調べてみたら?」

千夏と友達になれそうな人が大勢居た。

(No.136完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.136-1]太陽とクシャミ

No.136-1

ネット社会は一風変わった人の繋がりを演出する。

「それって、どこの寓話(ぐうわ)?」

千夏(ちなつ)が不思議そうな顔をした。

「北風と太陽の別バージョン?」

聞き方が現代っ子ぽい。

「ごめん!全然関係ない」

太陽とクシャミ・・・。

何のことはない・・・わたしは太陽を直視するとクシャミが出る。
特異体質だと思っていた、この瞬間までは・・・。

「そうでもないよ」
「・・・そ、そうなの!?」

あえて自分から話すことはなかった。
少なくとも、それがスタンダードではないからだ。
それがあっさり否定された。

「友達にも居るよ、そんな人」
(ひとり発見?)
「ネットで調べてみたら?」
千夏と別れた後、大急ぎで調べてみた。

「うそ・・・スタンダードじゃない」
それどころか・・・。
「なによ・・・くしゃみ同盟って?」

ひとりどころか、大勢いるらしい。

(No.136-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.007

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.41 あの虹を越えて
実話度:★★☆☆☆(40%)

虹には、どこか神秘的な力があると思います。それを目の前
にした時、人は心を開かずにはいられない・・・そんな話です。

もともと、自然現象は小説のネタになりやすく、当ブログでも
度々登場します。その現象に心の中を代弁させたりします。
雨・・・沈んだ私の心、虹・・・ひとつの決意。

当時、複雑な悩みごとを持っていた時に、偶然虹を目にした
のが話しのきっかけです。目の前の虹とは対照的に、晴れる
ことがない私の心を綴りました。
雨、そしてそれが晴れて行く・・・これだけでも小説はできたと
思いますが、七色は手を差し伸べてくれる人達を連想させ、
消え行くさまが明日を予感させてくれました。
その虹さえも越えて行こう・・・そんな決意さえ呼び起こしてく
れました

初期の作品であり、一人称(当ブログは99.9%が一人称)な
ものですから、時間と他人のかかわり方が、ちょっとわかりに
くいと思います
この話は少し回想を交えながら、心の中を言葉として表現して
みました。

A0006_002399_m

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »