« [No.133-1]怪物の涙 | トップページ | ホタル通信 No.006 »

[No.133-2]怪物の涙

No.133-2

冗談が現実になった。
彼氏ができ、ついでに大失恋もした。

「・・・で、泣けた?」
「心配してる?」

明らかに泣いたことに興味を持っている。

「そりゃ・・・してるわよぉお?」

顔が笑っているし、なぜか疑問形で終っている。
よほど、“怪物の涙”が気になるようだ。

「泣かなかったよ」

嘘ではない・・・涙はあふれたけど、こぼれてはいない。
いつものように、空を仰いでいた。

「無理しちゃって!」

友人が背中をポン!と、軽く押してくれた。

「あっ・・・」

その瞬間、堪えていた涙が、瞳からこぼれ落ちた。
背中を押されたせいじゃない。

私の心を押してくれたせいだ。

(No.133完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.133-1]怪物の涙 | トップページ | ホタル通信 No.006 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.133-2]怪物の涙:

« [No.133-1]怪物の涙 | トップページ | ホタル通信 No.006 »