« [No.132-2]いつもの歯ブラシ | トップページ | [No.133-2]怪物の涙 »

[No.133-1]怪物の涙

No.133-1

いつの頃からか、素直に泣けなくなった。
様々な経験が私を強くしたとも言える。

背中を向け、空を仰ぐ。

涙がこぼれ落ちそうになるたびにそうした。
そうして、それを必死にこらえた。

「今じゃ、無理しても泣けないよ」

なんとなく笑い話にも聞こえてくるから不思議だ。

「男性が知ったら・・・」
「かわいくない!と、言われるね」

それだけじゃない。

「きっと、怪物扱いされるわ」

泣けない女・・・泣かない女・・・。

ドラマか小説にもなりそうなフレーズだ。
別の意味でワクワクされるかもしれない。
どんな女、なんだと・・・。

「大失恋でもしたら?」
「そうね、その前に作るのが先だけど」

だから、泣くのは随分先になる・・・はずだった。

(No.133-2へ続く)

|

« [No.132-2]いつもの歯ブラシ | トップページ | [No.133-2]怪物の涙 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.133-1]怪物の涙:

« [No.132-2]いつもの歯ブラシ | トップページ | [No.133-2]怪物の涙 »