« ホタル通信 No.005 | トップページ | [No.132-2]いつもの歯ブラシ »

[No.132-1]いつもの歯ブラシ

No.132-1

「また、やっちゃった・・・」

歯ブラシの先が開いてしまい、取替えるつもりでいた。
昨日、そう思いながらも、それを忘れてしまった。
また使わざるを得ない。

「それぇー、私も良くあるぅ!」

純那(じゅんな)が元気良く応える。

「純那と同じ?」

だらしなさにかけては、彼女の右に出るものは居ない。
その彼女と同じとは・・・。

「まぁまぁ、気にしない」
「気にするわよ!」

私までもだらしなく思える。
歯ブラシの取替えとは言え、思い立ったら即実行!

「帰ったら、真っ先に洗面台に行くよ」
「おぉー!気合入ってるぅ!」

そうでもしないと、延々と同じことを繰り返してしまう。

家に着くなり私は一目散に洗面台へ直行した。

「ハァハァ・・・ハァ・・・取替え完了!」
これで、くやしい思いをしなくて済む。
「じゃあね!」

歯ブラシを近くのゴミ箱へ投げ込んだ。

(No.132-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.005 | トップページ | [No.132-2]いつもの歯ブラシ »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.132-1]いつもの歯ブラシ:

« ホタル通信 No.005 | トップページ | [No.132-2]いつもの歯ブラシ »