« [No.131-1]最も危険な一言 | トップページ | ホタル通信 No.005 »

[No.131-2]最も危険な一言

No.131-2

さて・・・ここからが問題だ。
そろそろ相手も核心を突いてくる。

髪型は・・・変わったような気がする。
化粧は・・・これも変わったような気がする。

どちらかの影響で、片方の印象が変わった可能性もある。
ただ、どちらも顔に関係する。
無難な言葉で、まとめておくことにしよう。

「明るい感じだよね」
「そうだね!明るくなったよ」
(ヨシっ!)
それが何だか分かっていないが、危機は脱したようだ。

「今まで損してた気分」
「そうかもね」

適当に話を合わせておけば、そのうち無事終了する。
ただ、それが何か気になりもするが・・・。

「ところでさぁ・・・」
(ようやく話題が変わりそうだ・・・)
「何が変わったの?教えて」
「えっ!いやぁ・・・その・・・」

油断していた所へ、いきなり直球が入ってきた。

「もぉ・・・分かってなかったくせに」
「ご、ごめん」
「その申し訳なさそうな顔も良く見えるようになったよ」

彼女の瞳の奥もチェックする必要があったようだ。

(No.131完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.131-1]最も危険な一言 | トップページ | ホタル通信 No.005 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.131-2]最も危険な一言:

« [No.131-1]最も危険な一言 | トップページ | ホタル通信 No.005 »