« [No.130-1]とぼけた仲間 | トップページ | ホタル通信 No.004 »

[No.130-2]とぼけた仲間

No.130-2

「わからへん!わからへんから・・・」

何かを狙っている・・・そんな予感が走る。

「あくせくしたって・・・」
「はじまりませんぜ!」
「あっー!それ、うちのセリフやんかぁ!」

菜緒が俺の口をふさごうとする。
彼女の小さな手が温かい。
その温もりは、きっと彼らにも届いているはずだ。

「大事にしろよ」
「うん、仲間やもん!」
「仲間?」
「とぼけた仲間や!」

“とぼけた”ついでに聞いてみよう。

「その仲間に菜緒も入ってるの?」
「入ってるよ」
「あはは・・・そうなんだ」

自分のことを“とぼけた”と認めているらしい。

「なに笑ってんねん!」
「あんたもやで」
「なーんだ・・・えっ?」

どうやら俺もとぼけた仲間の一員らしい。

(No.130完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.130-1]とぼけた仲間 | トップページ | ホタル通信 No.004 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.130-2]とぼけた仲間:

« [No.130-1]とぼけた仲間 | トップページ | ホタル通信 No.004 »