« ホタル通信 No.003 | トップページ | [No.130-2]とぼけた仲間 »

[No.130-1]とぼけた仲間

No.130-1 [No.07-1]せいじゅうろう 

「そう言えば、聞いたことないな」

数々の笑いと涙を提供してくれた、せいじゅろう達。
ある時を境に、彼らが登場した。

「なぁ、聞いていい?」
「あくせくしたってはじまりませんぜ」
「はじまりませんぜ!」
「・・・あっ、悪い」

菜緒がいつもの仲間で遊んでいる最中だった。
今のセリフは確か・・・。

「なんやろ?」
「あぁ・・・ちょっといいかな?」

最初にリラックマを見たのは・・・・。
確か、ケータイのストラップにぶら下がっていた時だった。

「好きになったきっかけは?」
「うーん・・・そう言えばなんでやろな」

悩んでいる。
それも半端なく・・・。
それにしても、他にもキャラクターはたくさん居る。
その中で、リラッ・・・いや、せいじゅろうを選んだ。
理由がなくはない。

「似てるからやろか・・・」

ただ、それは俺が言い出したことだ。

(No.130-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.003 | トップページ | [No.130-2]とぼけた仲間 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.130-1]とぼけた仲間:

« ホタル通信 No.003 | トップページ | [No.130-2]とぼけた仲間 »