« [No.128-1]不透明な出逢い | トップページ | ホタル通信 No.002 »

[No.128-2]不透明な出逢い

No.128-2

「・・・で、そのキズなんだ?」

数日後、同僚の茜(あかね)に朝の出来事を話した。
あの衝撃は、自転車同士の衝突だった。

「通い慣れた道でしょ?」
「急いでたのよ」

いつもなら、もう少し慎重だったのかもしれない。
急いでいたことに加え、気分が乗っていたこともある。

「でも、ほら・・・あるんでしょ、あれ?」
「反射鏡のこと?」
「なら、どうして・・・見落とし?」

見落としではない。
逆にいつも以上に、しっかり見ていた。
けど、見えなかった。

「見えなかった?」
「そう、曇ってたの」

反射鏡はぼんやりと周辺を映していた。
それでも、いけると思った。

「災難だったわね」
「それが・・・そうでもないの」
「・・・そうでもない?」

あれ以来、あの場所では一時停止するようになった。
注意深くなったこともある。
それに、お互い挨拶を交わすためでもある。

(No.128完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.128-1]不透明な出逢い | トップページ | ホタル通信 No.002 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.128-2]不透明な出逢い:

« [No.128-1]不透明な出逢い | トップページ | ホタル通信 No.002 »