« [No.127-1]振り向けば・・・ | トップページ | ホタル通信 No.001 »

[No.127-2]振り向けば・・・

No.127-2

「なんか、浮かない顔ね」

どうでもいいことに加え、あることを思い出したからだ。

「書き・・・け・・・紙・・・」
「・・・なに?聞こえないよ」

力無く話したためか、声が小さくなってしまった。
中途半端は他にもあった。
書きかけの手紙・・・今も引き出しの中で眠っている。

「好きな人への手紙?」
「・・・そんなとこね」

何度も引き出しは開けた。
でも、書けなかった。

「前進あるのみよ!」
(大人になったんじゃなかったっけ?)
「そうね、新年も迎えたことだし」

理由は何でも良かった。

「新年そうそう、“散る”なんてどう?」

友美らしい応援に、曇り空が晴れて行くのが分かる。
振り向くことで、何かが始まった気がする。

「“終わる”かもしれないよ?」
「友美ぃぃ!」
「じょ、冗談よ!振り向くだけじゃなくて・・・」
「分かってる、ありがとう」

振り向いてばかりじゃ、その瞬間のチャンスを逃す。
時には振り向かないことを恐れないでいよう。

(No.127完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.127-1]振り向けば・・・ | トップページ | ホタル通信 No.001 »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.127-2]振り向けば・・・:

« [No.127-1]振り向けば・・・ | トップページ | ホタル通信 No.001 »