« [No.126-2]ターミナル | トップページ | [No.127-2]振り向けば・・・ »

[No.127-1]振り向けば・・・

No.127-1

「昨年を振返ってどうだった?」

新年明けらしい会話から始まった。

「へぇー、随分と奥ゆかしいじゃん」

前進あるのみ!・・・友美はそんな性格だ。
それゆえに笑えない失敗談もたくさんある。

「まぁ、私も大人になろうかなってネ」

(気付くのが遅ーい!)

「そ・れ・よ・り、去年はどうだったの?」
「どう・・・と言われても・・・」

一年の計は元旦にあり・・・は、やや過ぎてしまった。
それでも彼女の言う通り、振返る必要もある。

三日坊主のダイエット。
数ページしか読んでいない話題の小説。
腕が上がらなかった料理教室。
そして・・・。

「な、なによぉ?」

気付けば友美がニヤニヤ私を見つめている。

「長~い、回想だったわね」
「そ、そうかなぁ」

振返って見ると、なぜか中途半端なことばかり思い出す。
輝かしい新年が、急に曇り空に変わった気分だ。

(No.127-2へ続く)

|

« [No.126-2]ターミナル | トップページ | [No.127-2]振り向けば・・・ »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.127-1]振り向けば・・・:

« [No.126-2]ターミナル | トップページ | [No.127-2]振り向けば・・・ »