« [No.131-2]最も危険な一言 | トップページ | [No.132-1]いつもの歯ブラシ »

ホタル通信 No.005

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.08 銀河鉄道の夜
実話度:★★☆☆☆(40%)

・・・で、「銀河鉄道の夜」って、どんなプレゼント?ですよね。
やっぱり

この話はタイトル先行型で、タイトルが決まってから創作した
典型的な例です。
その上でどんな話にしようかと考えていた所、知り合いの誕
生日が近づいていたこともあり、これを軸にした話にしようと
思った訳です。
ところで「銀河鉄道の夜」と言うタイトルを決めた理由なんで
すが、実は宮沢賢治さんの・・・ではありません。
知り合いから「KAGAYA」氏のそれが好きだと言うことを聞か
されていたのがきっかけです。

銀河鉄道・・・となると、どうしてもファンタジー系の話に進み
がちなんですが、冬のホタルは、日常のひとコマがテーマな
ので、安易に銀河に旅立つ訳には行きません
そこで、何か意味ありげなプレゼントのネーミングとして使う
ことを考えました。
「銀河鉄道の夜」をどんなプレゼントにしようか・・・色々想い
を巡らせました。「あれにしようか、これにしようか・・・」散々
考えましたが結局、答えは見つかりませんでした。
でも・・・だからこそ、こんな話ができあがったのです。

奈々子としては、銀河鉄道の夜でも朝でも、何でも良かった
のです。そして、奈々子の望んだ通り、送り主は想い出をた
どる旅に出掛ける結果となりました。
「銀河鉄道の夜」は二人の出逢いから今までを想い出してく
れるだけでいい・・・そんなプレゼントだったのです
奇しくも今、この小説を振り返った時、「出逢い」と言う駅から
銀河鉄道に乗り、今もどこかを旅している・・・そんな話に思え
てきました。

No005

| |

« [No.131-2]最も危険な一言 | トップページ | [No.132-1]いつもの歯ブラシ »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.005:

« [No.131-2]最も危険な一言 | トップページ | [No.132-1]いつもの歯ブラシ »