« [No.130-2]とぼけた仲間 | トップページ | [No.131-1]最も危険な一言 »

ホタル通信 No.004

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.49 上手な恋の忘れ方
実話度:★★☆☆☆(40%)

検索フレーズランキングに常に入っている「忘れ方」に類す
る言葉・・・皆さん、同じように苦労されてるかと

この話のきっかけは、文字通り、忘れたかったからです。
ただ、話のように「失恋」した恋を忘れるのではありません
でした。
恋や愛には様々な形があって、私の場合、片思いの状態
でそれを忘れる必要がありました。じゃぁ、どうしたら忘れら
れるのか考えていたら、この話に繋がりました。
本当は話以上に深刻で「このままどうなっちゃうんだろう」と
思えるほど、メンタル的に不安定な時期もありました。

現実の問題は置いといて、話しをどう結論付けるか・・・。
これは大いに悩みました。
小説にもあるように、永遠のテーマであり、もし特効薬があ
れば、歴史は変わっています。
そうなると、私は考え方を180度変える作戦を良く行います。
忘れたいなら、忘れない・・・。これをベースにして、なんとか
それらしく結論を出すことができました。
当初は「忘れようとすると・・・だから忘れられない・・・」を文
末に持ってくる予定でしたが、ブログのサブタイトルでもある
「悲しい終わりはない」になるように、前向きな話しを加えて
エンディングとしました。

「それで忘れられたの?」

どこからもなく、こんな声が聞こえてきそうですが、現実は小
説ほど、うまく行かないようですよ。
でもね、ちゃんと失恋することができました

| |

« [No.130-2]とぼけた仲間 | トップページ | [No.131-1]最も危険な一言 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.004:

« [No.130-2]とぼけた仲間 | トップページ | [No.131-1]最も危険な一言 »