« [No.129-2]時間に掛けるもの | トップページ | [No.130-1]とぼけた仲間 »

ホタル通信 No.003

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.05 堕天使
実話度:★★★★☆(80%)

ブログ小説を書くきっかけとなった作品です。

実話度は高いのですが、逆にタイトルとそれに関連する部分
が創作になります。
自分が・・・ではなく、あくまでも第三者的に書けば、彼女は
若くして、様々な辛い経験をしたようです。ここには書けない
ことも含めて・・・。

ところで、当ブログのシリーズ物は「せいじゅうろう」ひとつし
かありません。本当はそうではなくて、名前をわざと変えた
上で、牽引役(主人公)が同じ作品が数多くあります。
「愛」はいわゆる源氏名なんですが、彼女の話は、実は一番
多く書いているんですよ。それがどの話かは、読んで感じて
頂ければ
・・・とは言うものの、ひとつだけネタバレをすれば「せいじゅう
ろう」シリーズがまさにそうなんですよね。

冒頭に書いた「ブログ小説を書くきっかけ」ですが、書くことで
自分と向き合うことができたり・・・すみません、これは嘘です
ね。正直に書けば自分から何かを吐き出したかったからです
・・・と彼女は言ってましたね
どこの誰だが分からないけど、書くことで伝えたい、書くことで
応援したい、そんな気持が強くなりました。今でこそ、洒落た
話で結末を向かえることが多いですが、この話は冬のホタル
の原点なんですよ。
この記事を書いているのが「愛」なのか、それとも「彼」なのか
それとも単なる第三者なのか、今の時点ではまだ秘密です。

地に落ちた堕天使の行方が気になりますか?
もし私が「愛」なら、今もこうして記事を書いていることになりま
すけどね

|

« [No.129-2]時間に掛けるもの | トップページ | [No.130-1]とぼけた仲間 »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.003:

« [No.129-2]時間に掛けるもの | トップページ | [No.130-1]とぼけた仲間 »