« [No.127-2]振り向けば・・・ | トップページ | [No.128-1]不透明な出逢い »

ホタル通信 No.001

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.01 グリーティングカード
実話度:★☆☆☆☆(20%)

冬のホタルの記念すべき第1作目となりました

グリーティグカード(以下カード)は予め日時を設定して
から送ることができます。当時、送る相手が居たことで
この話が生まれました。
当初、小説に対するポリシーとしては「ショートショート」
しかなく、ジャンルは特に何も考えていませんでした。
そのため、この話と「No.03過去へのゴミ箱」のみ、やや
ファンタジックな要素が濃い作品になっています。

話を戻しますが、日時設定を利用することでちょっとした
イベントを発生させることができます。送りたい相手が目
の前に居る時にカードを届ける・・・最初はこんな感じで
考えていました。
ただ、「泣いて笑って」の要素が欲しくて、今は亡き恋人
が日時設定機能を使って生前にカードを送った・・・と言う
話にまとめています。
これに、スパイスとして男性が涙を流し精一杯のジョーク
を言うことまで予想し、メッセージに組み込んだ・・・と言う
ことで締め括りました。
天使となった彼女が、天国から送ったものではなく、現実
の世界から機能を駆使して送ったことで、ギリギリセーフ
で、冬のホタルの世界観に収まっています

当ブログでは、ケータイメールにまつわるシチュエーション
が数多くあります。メールって、とてもドラマがあると思って
いますが、何らかのイベントだけでもいいので大切な人へ
カードを送ってみてくださいネ。
それに、もしかしたら・・・ですよ、あなたへ向けて送られる
カードが今や遅しと日時設定され、スタンバイしているかも
しれませんヨ。

| |

« [No.127-2]振り向けば・・・ | トップページ | [No.128-1]不透明な出逢い »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.001:

« [No.127-2]振り向けば・・・ | トップページ | [No.128-1]不透明な出逢い »