« [No.126-1]ターミナル | トップページ | [No.127-1]振り向けば・・・ »

[No.126-2]ターミナル

No.126-2

(もう、いいよ!)

最後はこんなセリフだった。
彼女はケータイを乱暴にバッグに投げ込んだ。
その瞬間、着信音がなった。
言うまでもなく、相手が誰だか分かる。
彼女もそれを知ってか、電話には出なかった。

この日のために、オシャレしたのだろう。
服も靴も、輝いている。
唯一、彼女の表情のみが曇ったままだ。
着信音が徐々に遠くなり、それと共に彼女の姿も見えなくなった。

「あなたの想像力には感心するわ」
あの電話の女性が目の前に居る。

「ロビーの隅じゃなくて、真ん中だったけどね」
「後はだいたい当たってるわね」

あの日、急な予定が入り、彼女の元へ行けなかった。
最近の冷めかけた関係もあって、ある意味覚悟もしていた。

「どうして、そのまま別れなかったのかって、今でも思う」
「それは僕も同じだよ」

時間の経過と共に、修羅場は笑い話に変わった。

「ロビーは私達にとって、別れの場所じゃない」
「出逢いの場所・・・だったね」

あの日、それを思い出すことに、お互い時間は掛からなかった。

(No.126完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

|

« [No.126-1]ターミナル | トップページ | [No.127-1]振り向けば・・・ »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.126-2]ターミナル:

« [No.126-1]ターミナル | トップページ | [No.127-1]振り向けば・・・ »