« [No.125-2]気の早いタンポポ | トップページ | [No.126-2]ターミナル »

[No.126-1]ターミナル

No.126-1

空港でひとりの女性を見かけた。

彼女に目が行ったのには理由がある。

メールが来る度に、彼女の表情が曇って行くのが分かる。
相手は彼氏だ。

それから、彼女は電話を掛け始めた。
相手はもちろんメールの主だ。

(電話していい?)

その返事を確認してから、電話したようだった。

「なんでよ!」

ざわついていたロビーが一瞬、静寂に包まれた。
さすがの彼女も、それを察知したようだ。
すぐに小声になり、その場所から立ち去った。

彼女はロビーの隅に向かおうとしているらしい。

「どうして・・・来れない・・・約束・・・」

ロビーのざわめきが、彼女の声をかき消す。
途切れ途切れにしか、会話が耳に入らなかった。

ロビーの隅では、何らかのやり取りが白熱しているのが分かる。
彼女のボディランゲージが徐々に大きくなっているからだ。

(No.126-2へ続く)

|

« [No.125-2]気の早いタンポポ | トップページ | [No.126-2]ターミナル »

(006)小説No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.126-1]ターミナル:

« [No.125-2]気の早いタンポポ | トップページ | [No.126-2]ターミナル »