« [No.123-2]チャーミング | トップページ | [No.124-2]歌えないカナリア »

[No.124-1]歌えないカナリア

No.124-1

声を失くしたカナリア
 目を閉じても、もう何も聞こえない
声を失くしたカナリア
 もう、誰も振り向いてくれない
それでもね
声を失くしたカナリアは悲しくない
だって、自由になれるから

「悲しい詩(うた)ね」

ネットで、一遍の詩を見つけた。
本来は、“カナリア”という洋食店を探すつもりだった。

「・・・なんか、テンション下がるわね」

ネットカフェで友人と一緒に調べていた最中だった。
突然、交通事故に遭ったような・・・そんな気分になる。
作者の性別や年齢は不明だ。
それに・・・。
この一編を掲載しただけで一度もブログは更新されていない。

「よっぽど飽きっぽいか、それとも・・・」
「未来(ミク)!」
友人の言葉を遮った。
「滅多なこと、言うもんじゃないよ」
「・・・ごめん」

内容が内容だけに、嫌な予感もする。
だからこそ、未来の言いたいことは分かっている。

「・・・それより、探そうよ、お店」
「そうね」

ネットでは時折、こんな思いがけない出逢いがある。

(No.124-2へ続く)

|

« [No.123-2]チャーミング | トップページ | [No.124-2]歌えないカナリア »

(005)小説No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.124-1]歌えないカナリア:

« [No.123-2]チャーミング | トップページ | [No.124-2]歌えないカナリア »