« [No.120-2]好みは変わる | トップページ | [No.121-2]あなたを待つもの »

[No.121-1]あなたを待つもの

No.121-1

『ご主人さまの帰りを待っているよ・・・ひとりで』

会社の同僚から、こんなメールをもらったことがあった。
送り主は、女性だ。
「おい、おい・・・このぉ、色男が!」
話の前後を上手く説明しないと、必ずこうなる。

「お疲れ様、今日も遅いの?」
廊下で彼女から声を掛けられた。
「見ての通りだよ」

時間はもう21時を過ぎている。
僕もそうだけど、彼女も十分遅い。

「そっちこそ、今、終わりだろ?」
「そうよ、じゃお先にぃ!」

(ちょ、ちょっと・・・!)

何らかの話の展開を期待したけど、意外なほどあっさりだ。
(大変でしょ?とか・・・体、大丈夫?・・・とか)
心の中の叫びとは裏腹に、彼女の背中が遠のく。

「ハァ・・・」

期待は、タメ息に変わった。

「とにかく、もう少し頑張ろう!」

机に向かい、一気に書類を仕上げようとした時だった。

『ご主人さまの帰りを待っているよ・・・ひとりで』

彼女からメールが来た。

(No.121-2へ続く)

|

« [No.120-2]好みは変わる | トップページ | [No.121-2]あなたを待つもの »

(005)小説No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.121-1]あなたを待つもの:

« [No.120-2]好みは変わる | トップページ | [No.121-2]あなたを待つもの »