« [No.107-2]四葉のクローバー | トップページ | [No.108-2]約束の時間 »

[No.108-1]約束の時間

No.108-1

『もうすぐ到着するから』

約束の19時には、まだ15分も余裕がある。
それでも一応メールした。

『もう到着してるよー』
(早っ!)
最初の内は“約束の時間厳守!”な人だと思った。

「あれ?もう居たの・・・」
「うん、18時15分には着いてたよ」

以前も同じように19時に約束したことがあった。
その時、30分前に待ち合わせ場所に到着した。
早すぎると思い、あえて由香に到着を知らせなかった。

「早・・・すぎない?」
「うちはこれが普通やけど」

約束の時間に遅れてくる人は多い。
(まぁ・・・悪いことじゃないし・・・)
そう考えれば、責めることではない。
ただ、長時間待たせていることが気にならない訳ではない。

「お待たせ」

当然ながら、由香が待っていた。
いつ到着したかは、その内、気にしなくなった。
彼女は彼女の考えでそうしてるんだし・・・。

(由香の考えか・・・)

つい聞いてみたくなった。

(No.108-2へ続く)

|

« [No.107-2]四葉のクローバー | トップページ | [No.108-2]約束の時間 »

(005)小説No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.108-1]約束の時間:

« [No.107-2]四葉のクローバー | トップページ | [No.108-2]約束の時間 »